イベント・お知らせ2019年01月21日

研修生募集のお知らせ

株式会社ヴィレッジトラストつくだ農園では、有機農業研修生を募集しています。

将来有機農業で独立したいと考えている方を対象に、下記の通り研修生を募集しています。関心のある方はぜひご連絡ください。

 

:::::::::::::::::::::::::::

 将来、有機農業で独立したいと考えているあなたへ

:::::::::::::::::::::::::::

私たちは、12年前に大原で農業を始めました。

有機農業という言葉もうっすらとしか知らなかった当時。

農薬や化学肥料を使わない有機農業をなんとなく選択して、気がつけば有機農家となっていました。

今は、その選択が本当に正しかったと思っています。

毎日の仕事を心から楽しんでやっています。

 

つくだ農園は、2009年に有機JAS認証を取得して、以来毎年更新をし続けています。

(有機JAS認証は毎年認証の更新が必要です)

その間に、結婚や出産で家族が増えましたが、仕事の時間は削られました。そこで、アルバイトや期間雇用で人を雇うことを始めました。

様々な人と出会ってきました。

どの方にも、本当にお世話になって、忘れがたいし、手伝っていただいたことを感謝しています。

2016年に法人となり、現在は社員2名アルバイト2名を雇用しています。

それぞれに得意分野があり、とてもいいチームワークができています。

中には、有機農家として独立するためにさらなる転職を重ねる従業員もいます。

最初は手取り足取り教えていたのが、すっかり頼り甲斐のあるスタッフに成長して次のフィールドに向かう彼らのことを、私たちも誇らしい気持ちで送り出しています。

 

現在、将来有機農業で独立を考えている方を対象に、「研修」というかたちでの雇用募集をしています。

「研修」では、日常の業務を他の従業員やアルバイターと一緒にする日々となります。

特別な講義やノウハウ講座的なものではありません。

最初からOJT(オンザジョブトレーニング)です。

独立したら全て自分でやる仕事を、実践のなかで学べる機会となります。

また、行政の農業関係窓口とも連携して助成の利用なども積極的に支援しています。

 

研修雇用の期間は、当社規定の雇用契約を交わします。

概要は下記の通りとなります。

 

職種 有機農業の生産、出荷作業全般に従事

内容 有機野菜の播種や水やりなどの生産作業、追肥や支柱たて、機械操縦などによる管理作業、出荷のための収穫や洗浄、袋詰めなどの調整作業、販売のための伝票立てや格付けなどの管理作業

就業場所 京都市左京区大原地区内圃場および出荷作業場所

就業時間 火曜から土曜日 午前9時半から午後5時

休日 日曜日、月曜日(祝日が勤務日の場合は要出勤、例外有ご相談ください)

給与 おおよそ14万円程度(ただし、年齢や経験によって個別に変わりますのでお問い合わせ時にお伝えいたします)

交通費全額支給(自動車バイク通勤可その場合燃費換算で支給)、労災、雇用保険加入

厚生年金については加入資格があれば加入します 

雇用期限 基本的に2年ですが本人の希望や進路によっては短くなる場合があります

 

以上、関心のある方はぜひご連絡ください。

info@villagetrust-tsukudafarm.com

採用担当 渡辺民 

農作業2016年05月02日

季節がどんどん進みます野菜もどんどん

先週はなんだか寒くって、北海道では雪が降ったりしていたようですが
GWはじまってみればなんだか夏みたいな日。

今日も京都はアツアツです。

さて、畑はこの季節どんどん様変わりしていきます。
先月はまだあった秋冬野菜の最後(ネギ人参)が姿を消し、すぐに鋤きこまれて新しい種がまかれました。

育苗していた苗なんかもどんどん定植されてゆき、畑はみるみる変わっていきます。

あいまあいまに春の山菜なんかとってみたり、何かと忙しい春なのです。

毎日人参、ネギ、大根だった日常が、いまは
ほうれん草、赤ほうれん草、うまいな、壬生菜、水菜、時々ルッコラなど葉物が大充実。
葉玉ねぎは本当に重宝するし、今月からはスナップエンドウもはじまります。

野菜が多いと食卓が映える。
野菜が少なかった3月はやたら肉や魚をたべていたつくだ農園ですが、
ここからはサラダやおひたし炒め物、煮物酢の物と料理の幅も広がります

そんななか、毎年忙しい時に来る私の誕生日、
ことしもやっぱり忙しく、午前中は配達ごごからは子守、旦那はんは畑仕事と別々に過ごしていたのですが、
帰ってきたら、煙突からもくもくと煙が出ていて、(この日はめちゃくちゃ寒かった!)、部屋に入るとフライパンがジュージューなっていて、晩御飯の用意をしてくれていたのでした。

プレゼントがなくても朝からお誕生日の歌は何回も歌ってくれていることととか、
こんな風に、寒い外から帰ってきて暖かいストーブに当たれること、
美味しい晩御飯をつくってくれること、
そんなことが十分うれしい誕生日でした。

IMG_6917.jpg
ちなみにメニューは、鹿肉ロースのタタキ。新玉ねぎと赤ほうれん草に、辛味大根のソース。
庭で育てたたらの芽をソテーして。
文字で書くと大層ですが、実際のところたいそうな味でした。
鹿肉は生のを町内の猟師さんがくれました。
これは本当に美味しいのです。牛肉よりきめ細やかで、柔らかく、さっぱりとした赤身。
野生ってすごいなあ。とおもうのでした。

IMG_6950.jpg
写真は早くもプール遊びを始めた子供達。
水は山水。つめた〜いのですが、子供って強いなあ。
20分ほど遊んでふと見たら唇の色悪くなっていたので引き上げお風呂に。
湯船でブルブル震える1歳児と4歳児でした。

なかなか中身のある内容をアップできないブログですが、
こんなふうに毎日たのしくやっております。

次回もお楽しみに。

農作業2016年02月08日

ちょっと前の話

立春も過ぎて、そろそろ花粉の季節。

インスタグラムやfacebookなんかをしていると、情報の鮮度がよすぎて、
ちょっと前のことがどんどん昔のことになってしまいますね。

ブログだけやってた時だったら、1週間前のこととか簡単にかけたのに、
今となってはそれが難しい。
でも、よく考えたらインスタやFBは見ない人もいるわけで、
それにまとまった文章を書くのは(私の場合)やっぱりここだけだから、
ちょっと前の話でも書きますね(笑)

雪が降りました。
いつだよ、ってかんじですがそうですね〜1月の末のことです。
ありゃ、結構前でした...

今年は冬が短くて、もうスタッドレスやめよか?というくらいなんですが、
そうそう、1月の末にはちょっと積もりました。

IMG_6242.jpg
雪が降ると農業はハウスでもない限り結構お手上げなんです。
野菜が見えないし、闇雲に収穫してもまだ小さい!とか、凍ってるから皮がめくれたり、
いいことないんです。
でも、雪が降った畑ってとても楽しいんです。
まず風景がとっても綺麗ですし、ソリなんか持って行って運んでみたりね。

IMG_6246.jpg
不慣れなんで、こけたり倒れたり..ソリを軽トラにくっつけて滑ってみたり。
(あぶないよ、絶対真似しないで!)
そんないちいちを楽しんで収穫しました。

IMG_6244.JPG
さいわい雪はすぐ溶けて、次の週にはいつもの収穫作業に戻りましたが、
なんか楽しかったです。

IMG_6258.jpg
寒さのせいで丸大根はだめになっちゃいましたが、
それでも楽しい。

気候変動が激しくって、夏らしくない夏、冬らしくない冬がつづいていますね。
そんなとき、農業の大変さを思い知るのですが、
私たちには到底手も足も出ないことを思い知るのですが、
それにもまして、日々自然相手にする仕事の楽しさを感じています。

そして、手も足も出ないからこそありがたいという感謝の気持ちも思い出すわけです。
やらされている、生かされていることの喜び、なんかも感じてしまうわけです。
なんでも自分でコントロールできたり、なんでもできるということが
幻想だということがわかる。

農業を始めて良かったと思うのは、こんな雪の日だったりするのです。

農作業2015年05月11日

季節がどんどん進みます

IMG_4599.jpg
とうがらし、ナスが畑に植わりました。
定植作業は一気に進めるので、1日で畑がぐっと夏模様に変わります。

先週くらいは端境期で野菜が少ないなあとおもっていたら、
もう豆が出来てきたり新玉ねぎの収穫が始まったり、葉物が揃ってきたり。

IMG_4620.JPG
めまぐるしく進む季節に、私たちも大忙しでついていきます。

ついて、いかなくちゃ....

IMG_4615.jpg
この日はサラダがメインディッシュでした。
こんな日も、あるさ。
卵泥棒の手が写っていますね。
小躍りして食べていました。卵だけ...

IMG_4645.jpg
この子は引越し中。
次の住処が見つかるまでは別の畑で仮住まいです。

IMG_4533.jpg
ちょっと前に、33歳になりました。
GW初日の忙しい時、1日休んで遊ばせてくれてありがとう。

これから始まる怒涛の季節を前に、ちょっと一休みの今日でした。

農作業2015年04月23日

種屋巡りやら作付け計画やら

ようやく職場復帰したのもつかの間、今週は娘たちが次々と熱を出して
強制自宅待機(笑)

ネリ→そよの番で高熱。
保育園でたいそうはやっているらしいのにばっちり罹患。
まあ、こんなもんでしょ。

さて、春といえばお野菜を買っていただいている方には
もうおわりなんですー
もうないんですよー
と、農家の存在が少し遠退く季節ですね。

でもこちらはこれから始まる夏野菜に向けて目を輝かせて
胸躍らせて準備しています。

先週はひどい雨の中でしたが、そんな空き時間を利用して夫婦で作付け計画を相談しあったり、
家族でお出かけがてら種苗屋さんへ行ったりと、していました。

今年は今までやったことない品種、辛い唐辛子にチャレンジしたり、
田んぼの横で茄子をする(同じ圃場で)という、わたし的にはええ?!なこともしたり、
去年ほんとうに残念な結果だった唐辛子類リベンジ!作戦を練ったり(旦那さんによって練られた作戦を聞いただけですが...)。
楽しみが膨らみます。
私も復帰するということで、しっかり作付け計画表を見せてもらって、畑を把握。
やる気もわいているのでした。

種苗屋さんは、いつもおせわになっている九条東寺横の「長谷川種苗」さんへ。
種苗屋さんとの信頼関係がだいじなんやなあ、と旦那さんと長谷川さんとのやりとりを見て学びます。
去年のこともよく覚えてくださって、
今年はどうしまんねん?あれはどないだす?と提案やらアドバイスやらいただきます。

写真は古くて、一昨年前の秋のころ。

IMG_0744.jpg
IMG_0738.JPG
長谷川さんの後ろに見えている古そうな棚とか、渋くてかっこいいんです。
旦那はんの後ろは、丹波大納言、量り売り〜。

確かこのあと、梅小路の機関車のとこ行って遊んだなあ。
なんだかすごーく昔のことのようでもあり、つい最近のことのようでもあり...。
30代って、こんなふうにバタバタと気がつけば終わっているんだろうなと。
...ちょっと脱線しました。

さて、家づくりやら野菜BOXやら、農作業以外にも新しいことに取り組んでいるつくだ農園。
それに加えてようやくスタッフのみっこさんも復帰してくれて本当に楽しくなってきました。

しばらく雨の予報もないし、子どもたちが元気になったら私もまた張り切って仕切りなおそうかな。

と、そよの世話をしつつブログ更新してたら、
もっと他にも書きたいことあったような...。
でも忘れてしまってる〜(涙)

こちら、そろそろいっぱいになってきましたがまだあと少し余裕もあります。
ぜひ宜しくお願いします。
つくだ農園の直送野菜BOX

過去ログ

2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年