野菜あれこれ2016年01月08日

つくだ農園の忘年会は大阪で

怒涛の年末が終わり、十分にお正月休みを楽しんで
昨日からようやく仕事始めのつくだ農園です。

さて、年末いろいろ楽しいことをしたのですが、
ブログを更新する間も無く忙しく仕事に追われていましたので
振り返り投稿などしてみたいと思います。

毎年忘年会だなんて無理無理!な年末なのですが
ことしはどうしても行ってみたいお店があり早めの12月半ばに行ってきました。

そのお店は、ホテル阪神の中にあるレストラン「ネン」さん。

じつはこちらのお店のシェフや調理、ホールスタッフさんは何度かつくだ農園にお越しいただいて
一緒に畑作業をしていただいたりしていました。

つくだ農園の野菜を随分たくさん使っていらっしゃるお店でもあり、
どのように調理されているのか、どんなお店なのか是非一度行ってみたい!
と、じつは夏ごろからずっと考えていました。

そんなわけで、いざ大阪へ!

いやー何年ぶりでしょうか。
京都にいると大阪の高い建物、早い人、長い地下道がとても苦手なのですが、
今回は目的もあることですし奮発して行ってきました。

お食事のお店の前にもう一箇所行きたかったのが、錦のかね松さんの
阪急梅田店。

IMG_6062.JPG
お店構えが美しく、勉強になりました。
年末ということもありお正月の雰囲気や、クリスマス前でしたので華やかな阪急梅田。
そんな中、そろいの法被を着て竹の籠に盛られた野菜の渋さといったら。
本当に、こんなところで私たちの野菜を売っていただいてうれしい限りでした。
ありがとうございます。

IMG_6092.JPG
さて、プレミアムな(高い)ビールを一杯引っ掛けて...
(おいおい)
お食事のお店に向かいます。

ホテル阪神さんは阪急阪神ホテルズのグループなだけあって駅からのアクセスがめちゃくちゃいいでした。
JRの福島駅を出たらほとんど目の前!

お店に着くと、ヴュッフェ形式のため前の方々の入れ替え時間でした。
いやはや、流行っておりました。
12月の平日です。素晴らしい。

お食事はメインを選んでの、アラカルトは食べ放題。
そこにまあふんだんにありますありますつくだ農園の野菜。
ディスプレイにまでなっていました。ありがとうございます。

私の選んだメインはこちら。
ステーキ!

IMG_6075.JPG
ご配慮で、フォアグラとトリュフが....

グリル野菜の焼き加減が最高でした。
焼くのって、自分でやると難しいですが本当においしかったです。

たくさん発送している人参類。
こんなサラダになっていました。

IMG_6074.JPG
そのまま!
いや、逆にみたことなかったです。
そのままというのは。
それで、おいしかったです。

ほんとうに、いろいろ勉強になりました。
お客さんたちがわさわさと野菜をとっていらっしゃる姿が印象的でした。
それに、野菜を余すところなくお料理にされているネンの方々にも本当に嬉しく思いました。
根菜のこまか〜いのが入ったクリームブリュレに感動しました。

IMG_6082.jpg
普段いる風景と180度違う風景の中のつくだメンバー。
案外違和感ないやん!

子供のお迎えがあったので、長居はできなかった大阪ですが楽しかったです。

こんどはどこへ行こうかなあ

野菜あれこれ2015年07月17日

台風です

image-e4e8f.jpg
台風、まだまだいすわっていますね。
避難勧告が出された大原ですが、
こことは違う地区でした。
叩きつける雨音を聞きながら、
のんきに夕食のしたくをしています。
オクラの緑って本当にきれい。
色を活かす調理をいつも目指していますが、なかなかこれが難しい…
あ、また雨が強くなってきた。
早く通り過ぎますように。

野菜あれこれ2015年06月28日

直送野菜BOXはじまりました

つくだ農園のとっておきの野菜をセレクトしてお届けする
直送野菜BOX、いよいよ6月の第3週から始まりました。

なんといっても、農作業の合間にこれまでの仕事プラスな感じでやりますので、
あたふたあたふた...

でもなんだか楽しい!という感じでスタートしました。

初めての方には、早速レタスが群れて腐っていたというご指摘をいただき
大変申し訳ない限りです。

試行錯誤がまだまだ続きそうですが、それも含めて楽しい!

個人のお客様からの反応はこれまであまりいただいたことがなかったので、
どんな感想やご指摘でも新鮮だし、うれしいのです。

image-43fca.jpg
image-d97a9.jpg
第1回目の発送、こんな感じで行きました。
えらい楽しげ。
大根と小カブ、なんて冬?なラインナップですが、春の名残でした。

翌週はガラッと変わって、豆とか万願寺唐辛子とか入りましたよ。

今週はナスやら、夏の貴重なツルムラサキもスタートです。

もう少ししたらオクラとかきますよ!

7月からもお楽しみに!!

第2、4週の水曜日、金曜日もまだまだ募集中です!!
http://www.villagetrust-tsukudafarm.com/tsukudanouen/vege_box.html

野菜あれこれ2015年01月22日

冬野菜、にて

IMG_3732.jpg 野菜の話。 げんざい育休中の畑に出てない私にとっては、 旦那さんが持って帰ってくる野菜を見つめるしかないわけです。 しかも、自宅建設予定地の更地の中にポツンと立つ作業小屋に野菜があるわけで、 野菜は旦那さんが持って帰ってくるのを待つばかりの存在。 根菜、おいしいよねー、もっと食べたいわー、と歩いて10歩ばかしの作業小屋に行けた頃が懐かしい。 さて、昨日はそんな冬の根菜を使ってスープにしました。 お肉は、大好きなエルコープのエルポーク(ややこしい?)で。 エルコープのエルポークは、塊でやってきます。 先週はバラ肉ブロックでしたので、ベーコン仕込んでみました。 簡単簡単。 私の大好きなこちらの本を参考にして、 IMG_3737.jpg 中はオール白黒、渋い本でございます。 塩とハーブとハチミツで適当に味をつけて、冷蔵庫で1週間寝かせます。 最初は重石もするんですよ。肉の漬物だ。 それをひたひたの水に入れ、土鍋で15分ゆるゆる加熱冷めるまで放置、完成。 そんな温ベーコン(勝手に名付け)を使ってみました。 金時人参、西洋人参、黒大根、小エビ芋! 皮は小エビ芋以外剥いていません。写真の金時、ひげ根ついてるしバレバレ。 (皮、土が落ちないとか緑化してるとか理由がない限り基本剥きません、私。ズボラ?) 温ベーコン作った時のスープをベース出汁にして煮込みます。 味付けは塩のみ。 いやはや、本当に美味しかったです。 透明のスープって、なんか個人的に憧れがあるのですが、 黒大根も人参たちも煮込んでも色が出ないのでぴったりでした。 それから小エビ芋。煮込んでもキリッとした外見を残しますが、 食感はものすごいクリーミーです。煮崩れのなさがすごいです。 冬の根菜煮るに限る、を再確認した夜でした。 IMG_3723.jpg おにはーふく!という謎の掛け声とともに、ネリさん登場。 IMG_3724.jpg こちらは目下、寝返り練習中。 IMG_3641.jpg こちら、「おかあちゃん」だそうで,,, IMG_3665.jpg
野菜あれこれ2013年10月25日

新米の悦び

今年は田んぼの場所が新たになって、好立地を得た年でした。
昨年までは百井でやっていた米づくり。
今年も田植えまではやったのですが、夏の野菜の忙しい時期になかなか百井へ上がれず、手をかけられませんでした。
収穫はすべて一緒に田植えをしたわっぱ堂の細江家にお願いして、百井での米づくりはついにあきらめた年となりました。

捨てる神あればひろう神あり。
今年は里の駅大原の西側の田んぼを新たに使うことになり、久しぶりに大原での米づくりができました。
もちろん無農薬有機栽培でやりまして、アイガモくんにもちょっと手伝ってもらいましたが、ほとんど鴨の力を借りることなくとても良いできの田んぼとなりました。うれしいことに、ヒエもほとんど生えず、ヒエとりは軽く2回で済みました。

IMG_0466.JPG
みて下さい、このきれいな黄金色。
いやいや、普通やろ、これが田んぼやろ、と皆さんお思いかも知れませんね・・・。
でも数年間、百井でなんだか悲しい収穫量を味わってきた私たちにとっては、この見事に普通に立派なことが、本当にうれしかったです。

IMG_0496.jpg
意気揚々とコンバインする旦那さん。

お天気にも恵まれてました。
台風18号のあとです。

家にはまだ昨年のお米が残っていたので、新米を食べ始めたのは今週から。
さっそく、味も香りもいい新米にやられています。
ネリも、これまでお米をあんまり食べなかったのに、ごはん、ごはん!おにぎり!と騒ぎたてています。

IMG_0649.jpg
8せで380キロ。なかなかの収量でした。
30キロ袋12本と半分。
これは、渡辺家(旦那の実家)と唐沢家(私の実家)にも食べてもらいたいと思います。
4本ずつで分けましょうかね。

実家の家族が食べる米までつくれるなんて、なんだか田舎のおばあちゃんの家のようです。
理想です。うれしいです。
これこそが農家やん!と言う気持ち。

世間では、偽装だ、なんだと騒がれていますが、そんな問題どこ吹く風です。
お家で食べるご飯が一番贅沢であればいいとおもいます。
そうしたいな、と思っています。

こちら、まだまだ募集中!!
日々の食卓を、贅沢に!!
オーガニック玉ねぎオーナーさん

過去ログ

2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年