雑記2016年02月01日

ありがとうございました

昨日、日曜日最後の朝市出店を無事終えました。

時々、お疲れ様とかいわれつつ、いつも通り、で終わっていくことが気持ち良かった。
だって、まあ、終わりじゃないですから。
むしろ出発新しい門出。船出。つくだ丸(毎回楽しみに観ています^^)!

10年、やりました。
時々野菜がなくてとかで休んだけれど、出店回数はかなり多かったと自負。

がんばった。
とくに旦那さん、頑張った。

ほんとうに、お疲れ様と申し上げたいです。

そんなわけで、これからもつくだ農園にご期待ください!
インスタグラム、始めました!
https://www.instagram.com/tuskuda_farm.kyoto/

雑記2015年08月06日

息つく間もなく

夏仕事、
終わらない。

朝5時半に起きても間に合わない。

息つく間もなく働き続けてるけど、
終わらなくて笑えますT^T

畑仕事と家事と子どもと…

そしてもっと頑張っている旦那はん。
いま人参作業が佳境です。

働きすぎてしまう夏。

image-01d28.jpg
皿に移すなりなくなる、ベニあかりの自家製ポテチ。

野菜から元気をもらう日々。

雑記2015年01月21日

九州番外編 熊本

先日おばあちゃんのお葬式で宮崎県高千穂町に帰省したことを書きましたが、
おばあちゃんのなくなったことはとても悲しかったのですが、
久しぶりに従兄弟達と会い、その子どもたちが一緒に遊ぶ姿を見ると、
とても嬉しくって、なんだかあったたかーい気持ちになりました。

ネリは、同級生の又従姉妹がいて、前回会ったときは勢いに押されて泣き通しだったのが、
今回は一緒に遊べるようになっていて感動。
お医者さんゴッコや車ゴッコして遊べたし、温泉(高千穂温泉!)でも楽しく過ごせました。
それに、憧れの小学生のお姉ちゃんたちに遊んでもらえて、本当に大満足そうでした。
みんな兄弟がいるから、下の子にも優しくて、一緒に遊んでくれるので感謝〜。

IMG_3520.JPG
IMG_3536.JPG
そよは今んとこ、又従姉妹15名の中で一番赤ちゃんだったので、
みんなに可愛がってもらえましたよ。
高校生から生後4ヶ月までの年齢幅!

IMG_3558.jpg
さて、高千穂という場所、宮崎県ですが熊本寄りに位置するため、
飛行機で行っても新幹線で行っても最寄りは熊本なのです。

私たちも幼い頃から九州行くときはまず熊本へというイメージで、
ラーメンや馬刺しやら、阿蘇なんかは高千穂帰省とセットなんです。

IMG_3623.jpg
後ろに見えますは熊本城!

そういうわけで今回も熊本へ。
贅沢にも?熊本の白水温泉の旅館に1泊してから京都に帰ってきました。

というのも、高千穂は想像以上に寒い!のです。
標高が高いので雪も降れば氷も貼るという、そんな土地柄です。
寒くて凝り固まった体を、温泉で緩めてから帰ろうではないかとなったわけです。

それにもう、疲労困憊でみんな疲れ切っていて、
なんか癒しがないとこのまま新幹線に乗って雪深い京都へ帰るなんて、
想像もできへん!という精神状態(特に私ね、だって洗濯物が思うようにできなくてもう限界!だったのですわほんまにもう,,,それにみんなも疲れてるからひどいこと言ったりね、太ってるとかなんとか。ブチ切れましたわ移動中の車内で。あとで聞いたら、太ってるとは言ってない、ただ、大きいサイズの専門店があったからそこがちょうどいいのでは?と言っただけとのこと、言ってるやん、これってデブって!!!)でしたのでね。

ゆっくりしよか、となったわけです。

ネリは初めての温泉旅館泊で、なんかウキウキ。
フロントでトランプとか借りて、これまた初めての神経衰弱!

IMG_3585.JPG
IMG_3587.JPG
IMG_3591.jpg
いつまでやるん?↑温泉入った人

白熱!
でもこの時点でネリはまだ温泉入ってませんし。

なんとか神経衰弱を終わらせて、風呂へと向かったのでした。

旅館は省エネ、エコで地球環境に貢献中とかいって、なんか微妙な雰囲気でしたが、
源泉掛け流し100%のお湯は、確かに私たちを癒してくれました。

和やかな雰囲気で夜の会食を終え、無事1日を終えることができたのです。

おばあちゃんの事は悲しかったけど、
今回の旅、楽しかったな。

従兄弟とたちに旦那さんを紹介できたし(ほとんどの人が初対面でした)。
みんなの子どもたちにも会えたし、
よかった。

今度はいつ行けるかな。
また、家族揃っていきたいな、と思った旅でした。

未だに、今回の旅の思い出話で盛り上がるほど笑いがたくさんあった旅でした。
(みんな思ったことはっきり言うから、ほんとそうとう面白んです母の一族は)

おばあちゃん、ほんまにありがとう。

雑記2015年01月12日

なんでもつくった手

母の実家のある宮崎県高千穂町に住んでいた祖母がなくなり、
お通夜とお葬式に出席するため、長い旅をしてまいりました。

飛行機をつかっても、新幹線を使っても、結局は移動に1日掛りとなる遠いばあちゃんち。
小学生の頃は、妹とふたりだけで、ちびっ子パイロット(だったかな?違うか?)とかいって、
飛行機に乗って夏休みになるたびにいってたなあ。

おばあちゃんは、その頃まだ畑に出ていて、耕運機を運転していた。
だから、こんきばあちゃんとみんなよんでいて、わたしも耕運機を知らずに、
こんきばあちゃんと呼んでいたような記憶がある。

おまんじゅう、うどん、おもち、とうふ、こんにゃく
どれも手作りのものを食べさせてくれた。
結婚した年の春、旦那さんと一緒に高千穂に行ったら、
久々といいながら、大きな大きな釜で豆腐を作ってくれたっけ。
固める前の熱々の豆腐の柔らかいのに、お醤油をかけて食べるのが本当に美味しかった。
本当に、本当においしいのです。

小学生か、中学生の時に、いとこと食べたこともあったっけ。
これがいちばんうめっちゃ、といってお椀にすくって食べさせてくれた。

しいたけやおこめをつくっていたなあ。
急峻な山肌に家が建っていて、斜面を利用して家の下部分に牛小屋があって、
そこで黒牛を1頭だけ飼っている。
毎年かな、それとも年に数回だろうか、種付けをして、子牛を産ませ育てる。
それを出荷していた。今もしている。

娘が4人いて、一番上の娘が後を継いで、
母は3番目で唯一宮崎から出た。
そして、京都で私たちが生まれた。

孫が何人いるのかな...11人か。
ひ孫は、15人、もうすぐまた増える。

山の暮らしをなんでもしたと思う。
お風呂ももちろん、私が中学生になる頃まで薪だったし、
食べ物を作るのも一からやったのだろう。

何にも知らなかったけど、
おばあちゃん家に行くと、必ずそんな手作りのものを食べていたなあ。

孫の私が大人になって、
旦那さんと結婚して、自分たちで始めた農業。
縁もゆかりもない土地で、素人だったけど。
でも、実は、幼い頃に見聞きして、時には肌身で感じていたおばあちゃんの暮らしがあったから、
今のこの暮らしができているのではないかと思うことが多々あります。

手作りのものが一番美味しくて、一番尊いということを教えてくれたのは、
おばあちゃんだったと思う。

親たちの世代が遠くに離れたり、置いてきたりしたおばあちゃんの暮らしを、
直接体験した最後の世代として引き継ぎたいと心から思います。
同じことはできないけれど、土に向かって、できる限りを手作りして、
生き物を大切にして、家族を大切にして、そういったことを引き継ぎたい。

そして、ネリやそよや子どもたちにその暮らしをまた感じて欲しいと思うのです。

IMG_3601.JPG

雑記2015年01月07日

あけましておめでとうございます

お正月、いかがでしたか。 つくだ農園は、旦那さんの実家は岐阜県大垣にて年末年始を過ごしました。 IMG_1720.jpg ワハハっと、この笑顔の通りゆっくりと実にのんびり楽しく過ごしました。 初詣は、大垣市の南宮大社という大きなお宮さんへ。 屋台なんかも出て、楽しい雰囲気でした。 IMG_3466.jpg IMG_3496.JPG ネリも、雄人さんもおみくじは大吉。 こりゃ縁起がいい。 私は小吉。それでもずいぶん良いことが書いてありました。 今年は楽しみな年になりそう。 ところが、食べては遊び、のゆるーいお正月をへて帰ってきましたら あらまあ、雪がすごくて仕事ができません。 いやはや、本当に。 さらには、一昨年建てた大きなハウスが....潰れてました。 もう、がーっくり。 旦那さん曰く、「年始の寒波をなめていた」と。 ハウスの中に棒を一本つっかえさせとけば潰れなかったかもしれなかったとのこと。 うーん、なめたらあかんね(泣) 農業をやっていても、ついつい忘れてしまいますが、 自然を相手に仕事をしている不確定性のこと。 それは、自分たちが本当は弱いことを教えてくれるのですが、 うまく回っているときはついつい自分たちが強いように錯覚してしまうのです。 新聞に書いてあって、ハッとさせたれたのですが、 強さというのは経済力などで思うようにことを進めること。 一方で、弱さというのは自然など自分たちの力の及ばない分野に対峙して感じること。 今は強いと思っていても これから人間の弱さを感じる機会が実は増えてくるんじゃないでしょうか。 そんな時、普段から強い人よりも、弱さを知っている人の方が頼りになる。 確かそんなようなことが書いてありました。 うんそうだ、自分たちではどうしようもない物事と対峙している農業という仕事。 これは本当に、実は、大変なことなんだ。と改めて思いました。 それでも、きっと私たちは選んだことをやり続けます。だって楽しいから。 大変な年初めとなりましたが、 ダブル大吉を信じて!!(笑) ことしもどうぞよろしくお願いいたします つくだ農園 渡辺 雄人 渡辺 民 IMG_3493.JPG

過去ログ

2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年