雑記2010年09月29日

野良のふて

最近、我が家の周辺をテリトリーにしている野良猫。
白と黒のいろがかわいいコントラストを描いているのですが、
こいつ、かわいいとかいう存在でなくて、かなり根性座った野良猫です。

小出石の住宅地周辺だけじゃなくて、山の方も自分のテリトリーにしているらしく、
ふくの散歩で百井峠のほうを自転車で走っているときに、向こうからやってきたところに遭遇したこともあります。

きびすを返して逃げるかと思いきや、おもいっきり背中を曲げて威嚇体勢になる野良。
眼は大きく見開かれ、全身の毛を逆立てて、大声で吠えながらにじり寄るふくに一歩も引くことがありませんでした。

ふくはかしこい(と思っているんだけど)狩猟犬ですから、獲物がいても吠えこそすれ、自ら牙は剥きません。
獣を見つけた時独特の甲高い声で吠えまくり、川の方へ野良を追いつめて行きます。

わたしは、ふくのリードを持ちながら、2匹の様子をジッと観察。
二人の距離はなんとも微妙。
ぎりぎり、互いの間合いを保っています。
もちろん、私もギット強くリードを張ってはいましたが。

後10センチ近づいたら、お互いの間合いの中に入る!というとき、
びょっと野良の手が出ました。

まだまだ引きそうにない両者でしたが、日も暮れそうだったので
むりやりふくを引き離して、引き分けにしました。

でも、帰ってからふくの顔を見たら・・・。
あんた、やられてるやん・・・。
ばっちり野良君のパンチを受けていた様子で、鼻から血が・・・。

そんな野良君を、我が家では、「ふて」と呼んでいます。
態度がなんとも「ふてぶてしい」ので、「ふて」。

けんかの後もふては堂々と我が家に出入りしています。
車の下にいるのはもちろんのこと、
車の中に入れてた鳩サブレ(鎌倉本店でかってきたのよ!!缶入りじゃなくて、袋入りにしたのがいけなかったし、車の窓も明けっ放しだったんだよなー)を食べてみたり、アイガモ用のパンの耳食べるのはもちろん、金魚の餌まで持って行っちゃいます。

そしてしまいには、庭で堂々とひなたぼっこしてるし。
それでいて、ぜったい人にはなつかない。
姿は見せてくれるけど、ぜったいなつかないもんねー。


うーん、ふてよ、お前は立派な野良猫だ。
わたしは、感心しています。
野良猫学校があれば、きみはまちがいなく首席で卒業だ。
都会の野良とは違う野性味あふれるふて。
かっこいいぞ、ふて!


オスかメスかも分かんないけど、ふての逞しい姿になんだか励まされる毎日です。

農作業2010年09月24日

お手伝い、ありがとう!古代米収穫&はざ掛け

3連休明けの火曜日。
連休中休み無しで働いた体に、さらに鞭を打って古代米の稲刈り&はざ掛けをしました。

平日朝9時からという時間設定にも関わらず、心強い2名の助っ人も来てくれました。
岩倉の、私も知ってる出版社のお二人!
なんでも、絵描き枠で働いておられるそうで、かっこいー。
それと、神戸から研修に来てくれている大学生の男子1名。
絵描きさん女子2名+まじめで正直という印象の大学生男子1名の計3名が本日の助っ人!

はざ掛けには前日から、旦那さんと研修にしている大学生が青竹を切ってきてくれていたのを利用します。
まずは、手前の方の稲を手刈り。
朝から曇っていたのですが、何とこの時間になって雨が振り出し、
おまけにすごい蒸し暑さ・・・!
大原がすっぽりと白い雲に覆われて、
まるでハウスの中にいるみたいな蒸し風呂状態に、いきなりノックダウンされそうになりました。

お手伝いの3名も信じられない湿気と暑さに、いきなり汗だく・・・。
でも、ほんとうにほんとうにこの3名の方々は文句ひとついわず、嫌な顔ひとつせず、
手伝ってくださって、私は感動でした。

稲刈り、なんていうと楽しそうなイベント事に聞こえますが、
はざ掛けをするという時点で、それはかなり肉体労働になるのです。
なぜなら、機械乾燥する場合は、コンバインで刈り取りと、稲藁と穂を外す作業とその袋詰めまで一気に出来るのですが、
はざ掛けをするということは、バインダーとよばれる、手刈りの作業を手押しの機械でするという、
超、前近代的な作業の稲刈りになってしまうからです。

同じ機械といっても、コンバインとバインダーでは、電動自転車と車ぐらい違うんですよねえ。
バインダーは、一株ずつ刈り込んで行って、4、5株で一束にします。
バインダー紐と呼ばれる紐で勝手にくるっと束ねて、バチッと切って、ぼとっと横に落ちます。
周りの人は、横に倒れ落ちた稲穂をひとつひとつ手で拾って、はざに掛けて行くのです。

古代米を作っている田んぼはひろくて、1反はゆうにあります。
さて、一体何束が、ぼとっと横になるのでしょうか・・・。
数えたくありませんが、準備した青竹20本(1本5m以上あるやつ)で、約半分しか干せませんでした。
わお、大豊作!

さて、バインダーを操るのは旦那さん。
残りの絵描き女子2名とまじめ大学生男子1名とわたしで、集めては掛け、集めては掛け・・・。
その間に、はざを立てる作業、
アイガモの囲いを片付ける作業などなど、どろどろへとへとになってようやくお昼を迎えました。

ほんとは、絵描き女子2名はお昼ご飯までで、ありがとうございましたと言って帰って頂ける予定だったのに・・・、
「最後まで手伝いましょうか?」と、あたたかい声をかけてもらって、
ずうずうしくも、「助かります!」とお願いをしたのでした。

結局、9時5時でみっちり働いてもらって、ようやく半分を仕上げることが出来たのです。
これ、旦那さんと二人でやってたら、きつかったです、正直。

あと半分ほど残っていますが、それはまた天候の良い日を見つけてやる予定。

お手伝いしてくれた3名、ほんとうにありがとーございましたあ!!

籾すりしたら、贈るからまっててよー!

農作業2010年09月17日

百井の田んぼ、今年の稲刈りについて


これは、去年の写真です!

今年も、大原は百井にて、オーハラーボ共同米「天空米」(というか、ハナエチゼンですが、)
の田植えを行いました。

順調に成育中!とは胸を張っては言えない状況で、
米豊作!と言われる今年に、やや不作というのが現状です。

とはいえ、例年ですといろいろな方々と一緒に稲刈り大会をするのですが、
誠に勝手ながら今年は、手刈りによる稲刈りを中止させて頂きたく思います。

その理由としては、たいへん私事で少々恥ずかしいのですが、
旦那さんの卒業博士論文執筆のためです。

つくだ農園の園主は、現在有機農業で生計を立てる一方実は大学院生でもあります。
研究テーマは、有機農業の社会的起業性(だとおもいますが・・・)とかそのあたりです。
つまり、今時分がやっていることがそのまま研究であり、研究事例であるということです。
そして、今年は博士課程の3年目であり、論文をしっかりと書いた上で卒業できることを目指しています。

毎日朝から晩まで農業をしてその上で論文執筆となると体力的にも精神的にもかなりの荒技となります。
ですので、出来る限り論文に向かう時間を生み出せるよう、この秋冬はすごすよう計画をしています。

毎年稲刈りを楽しみにして頂いている皆さんには、大変申し訳ありません。
どうか、ご理解下さい。

さて、とはいえ百井の田んぼはきっちり刈り取らなければなりません。
おそらく、バインダーと呼ばれる機械にて刈り取りを行います。
どうしても稲刈りを見てみたい、もしくはお手伝いして頂けるという方につきましては、
ぜひとも助っ人をお願いしたいとおもいます。
ただし、稲刈りは天候や諸事項をみつつ、平日などに構わず行います。

予定としては、9月27日(月)~10月1日(金)あたりで考えています。
稲刈り連絡が欲しいという方は、
tsukudanouen@gmail.comまで、連絡先(ケータイかパソコンのメールアドレス)をお伝え下さい。

また、はざ掛けのお手伝いも募集しています。
9月21日(火)午前9時からお昼まで。
詳しくは、9月4日のエントリーをご覧下さい。
http://tsukudanouta.naturum.ne.jp/e996762.html

野菜あれこれ2010年09月16日

ジンジャエールつくる

春に植えたショウガ。
みなさん、ショウガが超商品作物だということ、ご存知でしょうか。
某、オーハラーボのFさんによると、1反で500万円分もとれるのだとか・・・。
すげー!すげー!となりまして、
Fさんだけに甘い知るすわせねーぞ!とばかりにさっそくチャレンジしました。

ところが・・・、ショウガ畑はみるみるうちに雑草が生い茂り、
ある日、旦那さんが一言いいました。
「ショウガが消えた」

がビーン。
そうかー、ショウガって、消えるんだー。
と勉強した次第でした。
でも、ショウガの種って高いんですよー。
種と言っても、ジャガイモみたいに親ショウガを適当な大きさに割って埋めるから、
ショウガからショウガを作るという寸法です。

あの種も、消えちゃったんだなーなんて思っていた8月のある日、
また旦那さんが一言いいました。
「ありました」

私は、なにがあったか分かりませんでしたが、
「ほらほら、なくなったとおもっていた、あれですよ」
といわれて思い出します。
「あーー!しょうが?」

という訳で、ショウガ掘り。
先週の日曜日、会社終わりで畑に行って、
わっぱ堂のさとしさんも手伝ってくれて、
3人で掘りました。
シャベルで。

そして分かったのが、新生姜より親ショウガのほうがでかい。
というか、新生姜、育ってない。

まあいいや、親だけでも救出だ!ということで掘り出しましたよー。

ほんで、わたしがナニをしたかったかというと、
ジンジャエールを作りたかったんです!
猛烈に!

だいたい、ジンジャエールがほんとうにショウガでつくるものだと知ったのは、
いつだったか、どこだったか定かでないのですが、
初めて本場ジンジャエールを飲んだときは、ビビりました。
マズ!とおもいました。だって、ジンジャエールといえば、あのカナダドライしか知らんかったし。
まあ、こどもの味覚だったのでしょう。

でも夫が農業を始めてからは、売ってるもんを自分で作れるということに大いに感動していましたので、
トマトソースも、梅干しも、切り干し大根、干し柿、ジャム、味噌、漬物などなどにもチャレンジしてきました。
当然、ジンジャエールもつくれるなら、作りたい!とおもいました。

収穫したショウガを使って、さっそくジンジャエールづくりだ!

ショウガ 600g
三温糖 600g
水 600g
たかのつめ 2本
シナモンスティック 1本
黒コショウ 10粒

で作りました。
ショウガは、すろうと思ったけど、きっと大変だと思ったので、切りました。
でも途中で疲れてしまって、500gで中止です。
(これがいけなかった)
そのスライスしたしょうがと、材料を合わせて煮込みました。

一煮立ちして完成!

冷めたら濃して瓶に詰めました。
試飲したら、ウッマー!でしたけど、
ちょっと甘かった。砂糖とショウガはやっぱ等分量がいいかなー。
でも、鷹の爪が効いてぴりっとホットです。
煮込んで漉したショウガは取っておいて、豚の角煮とかに使っています。

今度は、蜂蜜を入れるレシピで作ってみようかなー。

旦那さんは、大喜びで飲んでます。

でも、彼は腐りかけたしそジュースも大喜びでスベドリ(スペシャルドリンクの略)!とか言って飲んでいたので、
ちょっと信用できない感じですが、喜んでくれたのでまあいいか。
(そのしそジュースは、私も「スペドリ飲む?」と聞かれて飲んでおり、
飲んだ瞬間、「ヤバい!」と思ったものの、「おいしいね」と笑顔で答えましたが、
ほうっておいたら旦那さんはまたスペドリ!とかいってこの腐りかけのしそジュースを飲むだろうと思って、
家に帰ってソッコーで処分したという経緯があります。)

腐りかけのものは、なるべく早く処分するからね。
ごめんねー。

農家の本棚2010年09月08日

カムイ伝

いま、カムイ伝を読んでいます。

ご存知の方も多いと思いますが、白土三平の漫画です。
私も、名前は知っていたし、映画にもなっていて話題でしたよね。

どうしてこの漫画を読もうと思ったかというと、
新聞の記事なんですが、
うろ覚えですが、
大学の授業で教材として使っているということに興味を引かれました。

江戸時代の社会、風習を学習するのに良い教材だったとかいう内容だったような。

実際に読んでみて感じたのは、江戸時代はなんという階級差別の社会なのか・・・と言うこと。
それから、農民はなんと身分が低かったかということ、
しかし、さらにはそのしたの非人とよばれる人たちがいたということです。

物語は、非人出身のカムイとカムイを取り巻く人々のことを描きながら展開して行きます。
同時に、動物であるオオカミにおける階級社会を象徴的に描きながら、
農民、武士、非人そして忍び(忍者)などの物語が複眼的に組み合わされています。

目を見張るのは、非人とよばれる人々の生活です。
死んだ家畜の皮をはぎ、内蔵を食す。
日々の糧は、物乞いで得る。
非人だからという理由で、差別され、虐げられ、
けれど、そこから出る方法はない。
だれもが自分の立場に甘んじ、
非人を差別する農民は、庄屋に搾り取られ、武士に差別され、
武士は武士の中の階級に苦しむ。

だれが、誰に向かって行けば状況が打開されるのか。
それが果てしなくとおく、見えなかったのがこの時代の階級差別だったのではないでしょうか。

けれど、そんな暗い社会状況が漫画に描き続けられるのではなくて、
この漫画が痛快で面白いのは、
カムイという少年がこの社会の取り決めをかるがると飛び越えて行くということです。
百姓に歯向かう、かといって、百姓との友情もはぐくむ。
非人の部落を抜けて、忍びの修行を積む中で、
ある武士に出会う。
そして、ときには武士を助ける。
カムイの、自分の出身に係らない強さとしなやかさにほれぼれしてしまうのです。

それから、農民の社会も丹念に描かれていて興味深いです。
農民社会の中にも階級があった。
農民社会の階級を乗り越えて行くのは、正助という少年です。

正助は、農民に禁じられていた文字を学びます。
そして、農民に不当に課せられていた取り立て(お米)をあばいて行きます。
賢くて、かっこいい正助にほれぼれします。
やがて正助の能力が認められ、農地を持っていなかった正助は、
本百姓といわれる農地を持つ百姓に昇格します。

この場面は、感動的で、
まだ幼さの残る正助が、庄屋に昇格を許され、
条件のいいとは言えない畑を前に小躍りします。
それをみていた正助の父親やその仲間が、
「いつか自分が本百姓になったときに播こうと思ってこつこつためた籾だ」
と、一袋の籾を正助に手渡します。

お米づくりをしている私達。
はたして、一粒の籾をどれほど大切に見つめていただろうか、
と自省させられました。

百姓にとって、籾、種は本当にいのちだったのですね。

カムイ伝は、めちゃめちゃ長い漫画で、
わたしは図書館で借りて読んでいるのでまだまだ終わりそうにありません。

ゆっくり、読み進めて行きたいと思います。

1 / 212

過去ログ

2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年