雑記2010年12月23日

年末、大忙し!

連日、軽トラパンパン出荷が続いております(主に里の駅)。
つくだ農園です。

買ったばかりのデジカメが液晶割れました。

こんな私の最近の癒しは、ジュンちゃんのブログの和音君です。
お願い、もっとカズ君の写真を載せて!

今日は、妹とお母さんのダブル誕生日祝@一乗寺のイタリアン、アンティコさん。

今年も後少し、がんばるぞ!

あ、大原ふれあい朝市は12月26日(日)と、12月29日(水)にもやりますので、
ぜひぜひお越し下さいねー!
29日には、オーハラーボの雑煮大根、一挙大放出パーティーが予定されていまーす!!!
楽しーよー!

ぜひ!

大原のこと2010年12月18日

朝市、ふっかつー!

さー、明日から朝市に復活やー!
うーん、寒いやろうなあー!
ストーブ持参する予定。
寒さの想像つかへんし。

でも、久々の朝市楽しみです!

いっぱい持っていくぞー、おー!

大根は
長大根
聖護院大根
赤大根
黒大根
紅芯大根

人参は
西洋人参
黄色人参

カブは
小かぶ

葉ものは
壬生菜
赤リアス
レタス(予定)
九条ねぎ

などなど!

雑記2010年12月17日

農家、農家に泊まる

月曜日、私のお勤めが休みなのと、
旦那さんの論文が提出できたのとで、
久しぶりに二人で1泊のお出かけをしました。

行き先は綾部。

なぜ綾部かというと、その翌日の火曜日に京都府さん主宰の地産地消セミナーなるものあり、
私が会社の取り組みを紹介するパネリストとしてご招待頂いたのです。

そういう訳で、綾部に前日入りしたのです。

せっかく綾部にいくんやし、
かの有名な農家民泊してみたい!という希望を叶えて下さったのが、
綾部の奥上林というところで農業をされている斉藤さんでした。

お母さんが有名なマクロビの先生、若杉友子さんという斉藤さん。
どんなお食事が頂けるのか、超ワクワク!しながら参りました。

大原から綾部行きのルートは3つくらいあるのですが、
行きで選んだのは、477号、百井峠から美山経由のルート。

事前に調べてて、うちの旦那さんは絶対このルート選ぶやろなーと思っていたルート。
個人的には小浜経由がよかった・・・。
案の定、やばい・・・!
くねくね間借り道、林道、山道、雲の上。
時速30㌔で走り続け、ようやく美山にたどり着いたのでした。

ほんで、美山いったら、当然この人に会わなあかん訳で、
江和ランドの大野さんにご挨拶。
元気そうでした。

まあ、そうこうしてようやく綾部、斉藤さん宅に到着致しました。

開口一番「最後のお客様です」とおっしゃる斉藤さん。
農家民泊は私達で辞められるとのこと。
そして、お店を開かれるということ。

なんか、貴重な体験になりそう・・・。

農家民泊って、どんなんなんだろう、と思っておりましたら、
斉藤さん宅はちょうど良い具合に母屋の向かいに離れがあって、
そちらに寝かせて頂けるということでした。

食事は母屋でご家族と一緒に食べるとのこと。

これなら、寝るときとか寝起きとか気を遣わなくていいからいいなあ。
ご家族は、どんな感じなのだろう、と、不安と期待を胸に(大げさ、もっとぼけーっとしてました)斉藤家に上がり込む私達。

しばらく、斉藤さんと話していると、ご主人が外から帰って来られました。
おそらく、晩ごはんに使う野菜を収穫してきてくれた様子。
それだけでも、すでに感動です。
私達は、晩ごはん用にわざわざ野菜取ったりあんまりしないから。
出荷準備してはねた野菜とか、収穫のついでに晩ごはん用取ったりするので。
わざわざ、ごはんに使う分だけ畑から取ってもらえるなんて、
こりゃ贅沢なわけですよ。

そうして、離れでちょこっと旅の疲れを癒す為に横になって、
私は、晩ごはんのお手伝いです。

土鍋がねー、いっぱいあるんですよ斉藤家。
しかも、スタッズできるやつ。
日本製だって。かっこいいし。
ごはん炊くのも、煮物するのも、土鍋。
うちももう一個くらい欲しいなーと思いました。

晩ごはんは言うこと無く美味でした。
肉、魚、乳製品無いんですが、ボリュームあるし、
なにせごはんが進むメニューなんだな。
車麩の竜田揚げキノコあんかけ
古漬けキムチの炒め物
ひじきの煮物
などなど。
翌朝は、
らっきょ漬
めかぶ
うめぼし
お醤油絞った後のふりかけ
若布のおろしのせ
などなど。

我が家ではふだんおもに、おかずを食べるメニューだから、そこんとこが根本的に違う。
勉強に成りました。

あと、マコモ茶。
おいしかったですー。

ごはんを食べたら、後は寝るだけ。
内湯をさっとお借りして、
離れで久々にテレビなんか見ながらゆっくり過ごしました。

この日、びっくりするぐらいなま暖かかった綾部。
(今日あたり、雪ふってんちゃうか?)

ふだん、お肉もお魚も食べている私達ですが、
物足りなくもなく、むしろ豊かに食事を楽しめたこと、
ほんとうに目から鱗でした。

やっぱり、お肉もお魚も好きだけど、
こんなふうにごはんを彩るおかずというものを、
もっと作れるようになりたいなと思いました。

翌日も、お互いの農業のこととか、どうやって稼いで行くかという話とか、
胡麻や大豆や小麦や醤油のお話なんかが尽きず、楽しい時間を過ごさせて頂きました。

斉藤さん、ご家族のみなさん。
ありがとうございました。

農作業2010年12月16日

黒いのや赤いのや

さぶくなって来ましたよ!
冬の大原、結構好きです!

人少ないんですよー。
秋の喧噪が嘘みたいに静かな里になる。
クリスマス気分とかほとんどないし、
イルミネーションする家は超マイノリティやし、
イルミが苦手という私には落ち着く季節でございます。

さてさて、今日のつくだ農園は、赤いのや黒いのを里の駅に出荷してますが、
それは一体何かというと・・・

RIMG0148.JPG
う・・・、ならべるとちょっとグロテスク。
これは、黒大根。
だけどこれ、美味しいんです!
洋風煮込みが最高!なんですが、昨日大根おろしにしてみたら、かなりいけた。
辛味があって、生食もなかなかのもんでした。

そいから、こちら。

RIMG0143.JPG
お、こりゃ、きれいだ。
味も見た目を裏切らない甘さと爽やかさなんだな。
こちらは、サラダがおすすめです。
もちろん、皮付きで。

カブカブカブ。
今年のカブは去年より美味。
なんでもかんでも去年より美味しいっていってたら世話無いけど。
でも、ほんと。

我が家では、カブはもっぱら焼きます!
片面ずつコンロの火で焼いて、マリネサラダにする。

RIMG0096.JPG
ルッコラとか、リアスとかと混ぜて、パルミジャーノレッジャーノをすりおろして、
生ハムもちょこっと混ぜると、おしゃれなサラダになる。

RIMG0100.JPG
マリネ液は、ずいぶん失敗したけど、ようやく配分が分かった(自己流です)。
オイル:ス=2:2.5なのだ。
これで、負け知らず。

という訳で、今日も野菜の話でした。

こちらもどうぞよろしくお願いします♪

農作業2010年12月11日

今日のつくだ

正確には昨日ですが。

ブログ移転後初エントリです!

12月7日に、旦那さんの論文提出が無事に終わりました!!

という訳で、つくだ農園再始動です!

さっそく里の駅に出荷も始めていますので、どうぞよろしく。

さて、昨日のつくだ、こんな感じでした。

RIMG0132.JPG
今借りている一番広い畑。
一反以上あります。

ここの畑1枚で作ってる野菜、
西洋人参、紫人参、カブ、大根、聖護院大根、赤大根、黒大根、紅芯大根、壬生菜、赤リアス以上!・・・かな?

このうち、今回久しぶりに作った野菜は聖護院大根と、
紅芯大根は初めて作りました。

聖護院、めっちゃいい出来です!
9月の終わり頃は種して、イタリア行く前に必死に間引きして(旦那さん)
論文掻いてる間にモリモリ太らはりました。
でっかいけど、柔らかくて美味です。

RIMG0155.JPG
サイズ的に、顔くらいある。

収穫風景、こんな感じ。
今年は、かなりいい出来です!

RIMG0161.JPG
30分ほどで、ばばっと取ってこんなになります。

RIMG0163.JPG
へへ、私が邪魔で野菜が見えませんね。

さて、初めて作った紅芯大根。
普通は、外側がほんのりとした緑色で、中が赤くなるんですけど、
外まで赤くなってしまった子がおりました。

RIMG0108.JPG
左が普通。右が赤ちゃん。
この子のなかみが気になるところでしたが、
とりあえず普通の方で初物の味を見ました。

切り口は、こんな感じ。
なんやらトロピカル・・・。

RIMG0120.JPG
火は入れずに、スライスしてマリネサラダにしました。

RIMG0123.JPG
おお、こりゃきれいな色だ。
南国のフルーツのような色みで、味も甘みがあって生食も十分OK。
ええもん作った。
でも、割れが多いのが難点。
来年は作らないかも、とのことです。

再来週からは、朝市にも帰ってきます。
旦那さんもすこしずつまた農業の日常になっていて、充実充実やる気も満々のようです。

今後もどうぞよろしくお願いします♪

1 / 212

過去ログ

2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年