マタニティ日記2011年04月15日

いててて・・・

ちょうど6ヶ月の昨日。
(それにしても、つわりが収束してからの日々は早いですー。
あの頃は、毎日生き延びるのが大変で1日がとてつもなく長かったから・・・
戌の日からもう1月経つんですねー)

朝からあまり調子よくなかったのですが、
夕方から休にふくらはぎが痛みだし、
変なの、かなりむくんでるなあ、と思っていたら
左のお尻の真ん中らへんがどんどん痛くなってきて、
座っていられない状況になってきました。

いぜん、8ヶ月の妊婦さんが言っていた、お尻の痛み。
これは、もしや、、、とおもって即ネットで調べると、
やっぱり!
座骨神経痛!!!

座骨神経痛の症状
太ももの裏、ふくらはぎ、かかとなどに痛みやしびれがある。
足が痛くて歩くことが困難。
安静にしていても足が激しく痛む。
足が痛み、立ち続けることが難しい。
下肢痛だけでなく腰痛もある。
お尻に痛みやしびれがある。座っていられない。
足を触ると感覚が鈍い。
身体をかがめたり、そらしたりすると、痛みや痺れが悪化する。

はい、腰痛以外、全部に当てはまります。

すぐに、大原の鍼灸師のおねえさん先生に電話をして、
夕方みてもらうことに。

なんせ、座ってるのが一番つらい姿勢だから、仕事から帰る車の運転も一苦労でした。
意識モーロー状態。
そんなときに限って、狭い道の対向車に市バスが来たりする・・・
モーローでバックしようとしたら、ギア入れ忘れてて前進してしまった、
危ない危ない。

治療室で先生にみてもらってお尻をもんでもらいました。
先生も、揉んでびっくり、めちゃくちゃ固くなっている!とのこと。
尻(の筋肉)が・・・、固い。
それだけのことで、このような痛みを発するとは。

この座骨神経痛通常は腰痛からくることが多いそうですが、
妊婦の場合は腰痛から来るのではなく、
赤ちゃんが成長とともに妊婦の身体を内側から圧迫することによって
発祥するのだそうです。
だからまあ、治りもはやいんだって。

実際、じっくり揉んでもらって、お灸を据えてもらったら、
今日は快調です。嘘みたいです。

それにしても・・・、
妊娠って、嬉しいことで、幸せなことですが、
いつでもハッピーマタニティ!(こういう雰囲気の題名の本てたくさんあります)
というわけにはいかないんですね。

割合苦しめられてばっかりやし。

でも、がんばる。

雑記2011年04月13日

原発について考える手がかり

昨日、とうとうレベル7になってしまった福島第1原発。

なんとか事態が収集することを願って、遠く関西から見守るしかない私ですが、
これから自分を含めてどういうエネルギー政策を選択していくのか、
それを考えることなら出来ます。

先日の選挙でも、脱原発を明示している人を意識して選びましたが、
脱原発、といってもどうやって脱していけば良いんだろう・・・、
という疑問も当然ある訳で。

個人的には我が家は薪ストーブを導入してから、
灯油はほとんど購入していません。
この冬の灯油使用料は、18リットル×3くらいの量でした。

将来は、大型のボイラーを取り付けて、
床暖房や台所、お風呂のお湯もまかないたいね、と旦那はんと話しています。

とにかく薪はたくさん手に入るので、
杉であろうと燃やせる高性能のボイラー&ストーブにしたいと考えています。

さて、村上龍が編集長となって発信しているJMMというメルマガに
これからのエネルギー政策を考える提言がリンクされていました。

環境エネルギー政策研究所というNPO法人から発せられた提言です。
説得力があるかどうか、分かりませんが、
とても分かりやすく、しろうと目には実現可能なようにおもえます。
http://www.isep.or.jp/images/press/ISEP_StrategyNo2.pdf

特に、これまで原発に関わってきた人は今後の政策からは退いてもらうとか、
かなり具体的です。2050年には、自然エネルギー100%を目指して提言されています。

2050年・・・。
そんなに遠くない未来。
これからまれる子どもが、大人になっている時代。
私達も、きっとまだ生きている時代。

ここでいま舵をとれば、
そんな未来がつくれるのではないか。

未来の世界に試されていると思います。

マタニティ日記2011年04月12日

折り返し地点

晴天の今日、
いつもより1時間も早く起きることが出来ました。

もともと朝の目覚めは良いほうではなく、
ぎりぎりまでベッドの中でうだうだするのが常なのですが、
妊娠してからこのかた、いつまででも眠っていられる状態となっておりました。

大原に来て、特にテレビをやめてから、
就寝時間は毎日ほぼ9時半か10時頃ですが、それでも朝8時まで寝てしまうのです・・・。

暖かくなったら、しぜんと体も早起きできるようになるとは思っていたのですが、
ほんとうに毎日ぎりぎりまで寝てしまうので、ちょっと意識を変えなければと思っていたところ。

今日はだから、余裕を持って朝からふくの散歩などしたり、
シーツを洗ってみたり、ごはんを炊いてみたり(いつも前の晩に炊いたのを朝食べるんですが・・・
ひどいときは、朝何も食べる物がないのですが・・・へへ)

大原もやっと桜がキレイに咲いてきました。
今週末あたり、大原でお花見ちょうど良いかもしれません!

さて、今週でお腹は6ヶ月。
妊娠生活もちょうど半分が経過したことになります。
終わってみれば、半分はあっという間。
ここからが折り返し地点ですが、体調が良い分楽しめそうです。
季節もぐんぐん良くなってきますのでね。

ニンニクを除いて、野菜も穀物もなんでも食べられるようになってきました。
そうなると体重の増加が心配ですが、
不思議と今はローカロリーなものがおいしく感じられ、
肉だと鶏肉のササミやムネとか、豚や牛はあんまり食べたくないとか、
野菜がおいしく感じられるようになってきたとか、
いろいろ勝手に体が教えてくれるようです。

あ、甘いものだけには(特に小豆)体も反応が鈍るので、
要注意。要注意。

オーハラーボ2011年04月09日

被災地にやさいを!

今週の木曜日、私の会社メールボックスに1通のメールが届きました。

東京で映像関係のお仕事をされている方から、
京都の知人が被災地に米と水とやさいを持っていくから、
生野菜の供給をお願いできないかという内容のメールでした。

一面識もない方からの突然のメールに驚いたものの、
新聞に、「生の野菜が食べたいです」という投稿が被災された方からされていたのを思い出しました。
そしてその記事を読んだ時、農家として今畑にあるやさいをどうにかして届けられたら良いのに!
と切に思ったことも思い出しました。

これは、まさに、渡りに船!
ということで、さっそく協力したいということ、その東京の方に連絡しました。

急いでオーハラーボに今あるやさいで日持ちのする野菜が余っていれば、
協力してほしい!とメール。

あいにくの端境期でしたが 、幸いにもおとふくじゅんちゃんからストック人参の
提供の申し出がすごい早さで返ってきました。

じゅんちゃんありがとう!!!
でっかいダンボールに2箱も!!!

RIMG0382.JPG
それから、可能であればつくだ農園の畑まで収穫に来てほしいという希望をつたえると、
なんと、行きます!との返事。

そして金曜日。
生憎の雨。
にもめげず、2人の男性が大原に来てくれました。

なんでも、2人はメールをくれた東京の人の後輩で、京大の元アメフト部。
おお、京大アメフト部と言えば、ギャングスターズ!
これは、知力、体力ともに期待できそうだ!

RIMG0385.JPG
軽トラの後ろにチラリと光るギャングスターズのステッカー!

それから、雨の中つくだの棚田で大根とねぎを大収穫してもらいました。

引率した旦那さん曰く、
「かなり動きが良い。それから仕事も丁寧だった。
ねぎをコンテナに8杯ぐらい収穫したけど、仕事が早かった!」
とのこと。
体育会系、すばらしい!!
オーハラーボは、どっちかっていうと文科系だもんな。

RIMG0387.JPG
軽トラ荷台パンパンにねぎと大根と人参を積んで!

RIMG0388.JPG
雨の中、泥だらけになって収穫して頂いたお二人に
「大変だったでしょう、どろんこになって」
と声をかけると、
「全然大丈夫です。慣れてるんで・・・。」
とのこと。

あ、そうか、アメフトは雨でもドロドロになって試合しはるもんなー、と納得。
逞しー!

さらに、「すごい素敵なところですね。まるでトトロに出てきそうな場所でした」
とも。
おお、分かって下さるか、つくだの棚田のすばらしさを、と思ってうれしくなりました。
素敵なお2人だ。

RIMG0391.JPG
軽トラで颯爽と旅立つ2人。
この後、10日に京都を出発して、新潟の親戚のところで米350キロをピックアップし、
被災地に向かうのだとか。

自己紹介もそこそこに、すごいスピードで出会って、
そして別れました。
お互い、誰なのかもよく知らないまま。
(お2人は、私達が東京の方と知り合いだと思っていたらしく・・・)

そんな名もなき救援隊が、被災地に私達の野菜を届けてくれる。
感謝です。
原発もまだ危険を脱しそうにもないこの時期に、
北へ向かうひとのなんと勇ましいこと。

どうか、無事で被災者の方々に野菜を届けて下さいね。

がんばれー!
ありがとー!

マタニティ日記2011年04月08日

よもぎ湿布

むかしから、じんましん体質で、急激な気温の変化や(熱い風呂や日焼けなど)
過剰なストレス(受験など)があると、じんましんが出てかきむしり、
ひどいことになって来ました。

そして今、妊娠に伴って変化する自分のからだが、
かゆみを伴って、終いには患部がべたべたしてきましたので(これは良くない兆候です)、
一昨年、大原工房の女大将、かずこさんにおしえてもらったよもぎ茶を思い出し、
作ってみました。

なんでも、妊婦にはというか、女性にとってよもぎは
冷え性、不妊症、などに効くとても有効な薬草らしい。
もちろん、妊婦にもいいらしい。
そもそも、お灸のもぐさもよもぎだとか。

こんなサイトがありました。
http://www.yakusourabo.info/yomoginokounou/

しかしながら何といってもよもぎの一番好いところは、
そこらへんに生えているということじゃないでしょうか。
だれでも摘める。
どこにでもある!

というわけでわたしも昨日会社帰りに畑の畦の犬の通ってなさそうなところで摘んで参りました。
よもぎは春から夏にかけて生えているのですが、
とくに春のよもぎは柔らかく、デトックス効果も高いからね。
芽吹いたばかりの新しい葉です!
香りもいいです!

しゃがみこんで、よもぎをつんでいると
小さい頃大好きだった本を思い出しました。
確か、ばばばあちゃんというばあちゃんの出てくるシリーズで、
はるによもぎを摘みにいって、そのよもぎで団子を作るという絵本。
そのよもぎ団子がおいしそうで、なんどもなんども繰り返して読んだ絵本です。
よもぎが切り傷に効くとか、そんなばあちゃんの知恵袋がたくさん載った絵本でした。
いまでもそういうばあちゃんの知恵袋的な知識が大好きですが、
思えばこの本に影響されているのかもしれません。

さて、そんなことをボーっと考えながら、
よもぎの良い香りにつつまれながら10分も摘むと
小さい袋一杯になりました。

RIMG0374.JPG
もってかえって選別し、キレイに水洗いします。
それを蒸し器に入れて蒸篭で蒸す。

RIMG0377.JPG
良い香りが漂ってきて、上の方までしんなりしたら鍋からおろして、
お天気がよければ天日干しします。

RIMG0381.JPG
昨日は、蒸し上がったときには夜になっていたので、
そのまま冷ますことにしました。
そしてお風呂上がりにカーゼに冷ましておいたよもぎをのせて、
患部に湿布して寝ました。

いつもだったら、寝てる時かゆくて掻いてしまうのに、
昨日は朝まで一度もかゆくなりませんでした。
すごい。

朝、カーゼを取って患部をみると、うっすらとかさぶたになっていました。
すごい。

今日と明日は天気が悪いみたいなので、
じっくりと乾燥させて、湿布にも使いつつ、
からからに乾いたらお茶として飲みます。
楽しみ楽しみ♪

過去ログ

2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年

リンク集