農作業2012年02月24日

畑、ワクワク

RIMG0316.jpg
とってもあたたかな天気の今日、2月中には終わらせたいブルーベリーの剪定をしてきました。
ネリといっしょに、すこしずつ1時間ずつくらいの作業で本日3回目。
だいぶコツもつかめてきたところです。

一昨年とは違って、花芽を残した剪定。
最初は一昨年と同じ剪定をしてしまい大失敗でしたが、お手伝いしてくれているミッコさんと一緒に本を読み込み間違えていることに気がついて、なんとか剪定方法を修正することができました。
修正してからはすいすい。

RIMG0263.jpg
とはいえ、この人と一緒ですから

こうなったら作業中断なわけで。

RIMG0274.jpg
まあ、ゆっくり行くしか無いのです。

そんなこんなで、ほんとに今日はいい天気で、気持ちよかったー。

作業していると大きな車の音が。
何事かと見に行きますと・・・

どーんと、つまれたこちら。

RIMG0280.JPG
RIMG0282.JPG
滋賀県は朽木の宝牧場さんの牛糞堆肥です!

宝牧場さんは、とーってもおいしいソフトクリームをつくってはって、
それを食べたのがきっかけで堆肥の購入をさせて頂いております。
こんなおいしいものをつくっている牧場の堆肥はきっといいだろう!ということで。

8トン、畑に運んで頂きました^ー^

しばらく畑から遠ざかっていたのですが、
ここ最近のあたたかな陽気に心を強くしてネリをつれてちょくちょく行くようになりました。

やっぱり気持ちいいし、畑仕事は楽しい。

ネリをつれて、旦那さんと畑で遊びながら仕事しながら子育てしながら。
わくわくするのです。

RIMG0301.JPG

こちら、ただ今募集中〜♪
つくだ農園と一緒に、
じゃがいもオーナー、有機無農薬のじゃがいも作り!

雑記2012年02月21日

肥料を求めて

つくだ農園でつかっている油かすは、圧搾の油かすです。
石油精製のものは、有機農業では使えません。

この油かす、滋賀県産のとてもいい油かすに数年前であって以来、
年に数回滋賀県はあいとうへ行くのがちょっとした小旅行もかねたつくだ農園肥料の旅となっています。

滋賀県は菜種を育てて、油を取りバイオディーゼル燃料として使用しているのですが、
その過程で発生する油かすは、ほどよく油の残った香ばしい油かすなのです。

であったときは割とたくさん買えたのですが、
いまはもう予約制となっており、人気の油かす。
それもそのはず、とうなずける良い油かすです。

さて、油かすを購入させて頂いている場所のお姉さんに情報をいただいて
ひとみワイナリーというところへ足を伸ばしました。

つくだ農園で密かに持ちあがるあるプロジェクトのお勉強もかねて(なんて、ただのワイン好きですが)。

外観からしてすてきな感じだったヒトミワインさん。

RIMG023.JPG
ワインだけでなく、おいしいパンも作ってはりました。
もちろん、パンも買って。

で、たまたまお話ししていた店員さんが、なんとぶどうの剪定から醸造はもちろん、
こうやって店頭にて販売もされているという、すてきなお店でした。

話し込むうち、店頭のワイン約10本を試飲させてもらうしまつ。
濾過しないんですって。
そのおかげか、とってもフルーティ。でも甘過ぎない。むしろ辛口。
かなり好きな感じです。
なんて行って飲み進めていたら、しまいには、お店の方から店頭には売っていなワインを1本お土産にまでいただいて・・・。
ワインづいたつくだ農園。

RIMG02.jpg
一番右のねこちゃんのラベルのやつ、いただきました。
左から2番目の少し減っているやつ、白ですが、これめちゃくちゃおいしい。

いやー、すてきなワイナリーにであったなー、なんて言いながら、帰り道にはヒトミワインさんのぶどう畑も見学しました。

きれいに剪定してあった。

RIMG0235.JPG
勉強になったね^^

よかった。よかった。

RIMG0230.jpg
年に数回、結構時間のかかる滋賀県愛東までの肥料買いの旅ですが、
それだけじゃない楽しみがいつもあって、楽しいことしかりです。

we love やさいシリーズ2012年02月14日

2012年、じゃがいもオーナー募集のお知らせ

RIMG0394.jpg
つくだ農園では、今年も有機無農薬で栽培するジャガイモのオーナーさんを募集します。

種芋の作付けから、芽かき、除草を経て収穫するまでの作業に参加して頂き、
申し込み口数に応じて収穫したジャガイモをお持ち帰りいただくのがじゃがいもオーナー制度です。

これは、CSA(Community Supported Agriculture)と呼ばれる、活動をモデルにしています。

CSAは、地域が支える農業と訳されますが、消費者がおいしい野菜をてにいれるために、農家を支えて
持久的な農業ができるよう支援したアメリカの実践がモデルとなっています。

一方では、農家が支える地域社会と訳される場合もあり、この場合は、有機無農薬の野菜を農家が
持久的に生産することで、それを食べることができる地域社会を支えているという考え方もできます。

つくだ農園では、ふだんお野菜を買っていただいている消費者の皆さんと私たち生産者がともに野菜づくりを通じて交流することで、単に物を売る、買うだけでない生産と消費の関係性を生み出したいと、実践している取り組みです。

じゃがいもオーナーは、つくだ農園が普段から野菜づくりをしている畑で作業します。
オーナーさんのお申し込み以外の収穫物は、つくだ農園が販売するじゃがいもとして店頭に並びますので、
本格的な農作業の現場に皆さんをご案内することとなります。

とはいっても、難しい作業はありません。
人手があれば数時間で終えることのできる農作業です。
(裏を返せば、人手が無ければ何日もかかってしまう作業でもあります)

RIMG0379.jpg
ぜひ、わたしたち有機農家の普段の農作業を体験してみたいという方や、
有機無農薬の安全なじゃがいもを手に入れたい!という方、
お子さんを畑で土に触れさせたいという方などなど、
一緒にじゃがいもづくりをしてみませんか。

今年は、じゃがいもの種類を増やします。
例年はじゃがいもオーナーさんのじゃがいもは男爵だけだったのですが、
今年は、
十勝こがね、こがね丸、アンデスレッド、そして、男爵の4種類をつくってみます。

収穫のときには、収穫祭をして食べ比べもしてみようと思っています。
そして、お気に入りの品種を持ち帰って頂こうと思っています。
一口10キロですので、4種類全部をまぜて10キロにして持ち帰って頂いてもOKです。

品種を増やすこと、収穫のときに収穫祭をすることが今年の新たな取り組みです。

ぜひ、ご参加ください。

RIMG0396.jpg

++++++++++++++++++
有機無農薬のジャガイモを育てる
じゃがいもオーナー募集のお知らせ
+++++++++++++++++
普段の食事には欠かせないジャガイモ。
年間を通じてスーパーに並びますが、旬がいつか知っていますか?
どんな風に育つのか知っていますか?

つくだ農園では、種芋の作付けから収穫まで体験できる
じゃがいもオーナー制度をおこなっています。

有機無農薬で栽培するじゃがいもは格別のおいしさです。

今年は4種類のジャガイモを栽培し、収穫のときに食べ比べしながら、
お好みの品種をお持ち帰りいただけます。

育てる過程も体験できる、
おいしいジャガイモオーナーにぜひお申し込みください。

なお、あまりに不作となった場合10キロより少ない量での配分となる場合があります。
過去には遅霜で芽が腐ったため収量が減り、8キロにさせて頂いたこともあります。

農家とリスクを分け合って頂くこともあるということをご理解いただければ幸いです。

作業内容
種芋の作付け 3月18日(日)午後1時から
芽かき、除草 5月ごろ予定
収穫と食べ比べ収穫祭 7月ごろ予定

作業場所
左京区大原来迎院町のつくだの棚田

費用
1口10キロ/3500円

お申し込みは
1)氏名 2)〒住所 3)電話番号 4)申し込み口数 5)種芋作付けへの参加可否
をご記入の上、
info@villagetrust-tsukudafarm.com

までお申し込みください。

野菜あれこれ2012年02月04日

節分、過ぎて

大寒波に見舞われた2月の頭。
不思議なことに、節分の昨日から寒さが少し和らいだような。

それにしても、2月2日の夜の寒さはほんまに底冷えでしたね。

こちら、翌2月3日の朝6時に撮影した写真。
大原に来て6年。初めて見るこの温度表示・・・・。

記録のため、載せておきます。

RIMG0069.JPG
さて、昨日の節分は、昼間の日差し暖かくひさびさにほっこりです。
今日はさらに暖かく、春遠からじと言った気持ち。

節分には節分らしい食べ物を、ということで、辰巳芳子さんの本から
「いわしの酢煮」。
4匹158円という驚きの安さの中羽いわしを
お酢、酒、醤油砂糖とうめぼし、ショウガ、山椒の葉で炊きました。
頭とはらわただけとって、姿のままというレシピ通り。
4匹だとこんなボリュームにしかならない。

RIMG0077.JPG
ここのところの我が家の食卓にはかならず大根の炊いたのを用意しますが、
昨日は旦那さんのリクエストで辛み大根を炊きました。柚子みそで食べました。

ごちゃごちゃ物の乗った食卓は好きじゃないのですが、
週明けに大垣に里帰りするときにもって帰る荷物、
ネリのはいはいスタートまでにベットを下におろすための整理中なので、
こんな食卓ですいません。

RIMG0084.jpg
ちなみに、太巻きは買いました。
ただ今我が家玄米食なので、太巻きつくろうかと思ったのですが無理かな、と思いまして。

さてさて2月。
慌ただしい年度末に向かっていく月ですが、
気持ちを新たに引き締めて生活しようと思います。
寒さに負けじと、丁寧に。

これから、春夏に向けてきちんと成長できるよう、整える月にしたいものです。

RIMG0125.JPG
ネリ、5ヶ月。

過去ログ

2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年