イベント・お知らせ2012年05月30日

小出石の田んぼ、竹伐採ボランティア募集!!

つくだ農園では、自分たちの家がある小出石町の畑を
今年から借りることにしました。

我が家から徒歩1分のところにある畑で、
将来的にはとっても楽しいことをしようと計画中なのですが、
とりあえず今夏はカボチャを植えます。

国道367から百井町へむかう477へ折れるバイパスから見えるゆるーい棚田です。

こちら、しばらくなんにもされずに休耕となっていたので、
かなり肥えていることでしょう。楽しみな畑なのです。

しかしながら、そのすぐわきに竹林化した河川敷がありまして、
これが畑にかかってきますので邪魔!ということで伐採してしまおうとおもっています。

そこで、竹伐採のボランティアを募集します!

6月10日(日)午後3時半から。きっと1時間半程度で終了します。

玉ねぎオーナーさんの収穫日でもありますので、そのまま流れでお手伝いいただいても結構です(とういか、お願いできれば幸いです)。
駐車スペースもあります。

伐採する竹は、細くてちょうどこれから夏野菜の支柱にするにはぴったり!サイズ。
ご自由に、好きなだけお持ち帰りください。

そんな訳で、小出石での畑プロジェクト、まずは竹伐採からスタートッですが、
そちらを手伝って頂ける方を募集しています。

お手伝いのお申し出、お問い合わせは、
info@villagetrust-tsukudafarm.com
までお願いいたします。

農作業2012年05月28日

鴨カモーン 夏カモーン

夏前の恒例ですが、今年も可愛い居候さんが徒党をくんでやってきました。
夕暮れに我が家でうごめく小さい影。

IMG_5067.JPG
あいがもちゃんです。ぴよぴよ、ひよひよ、ひや?とないています。おおきくなればガーガー、ぎゃーぎゃー鳴くようになりますが、それまではちゃん付けです。
田んぼで除草、虫取りなど大切な作業を行って頂くのですが、まだ産まれて間もないですので、もう少し大きくなるまで(今から半月ほど)我が家で寝泊まりされます。
夏の田んぼでの作業に備えて充分な体力を付け、水鳥らしく水に入る練習をして、田んぼへとおつれします。

畑でも夏野菜が徐々に大きくなってきています。定植から苗が育っていくこの時期、野菜が「動く」という表現をします。気温の変化、見ず、肥料の変化に従って、野菜が文字通り、「動く」。そんな姿を毎日観察するのは非常に面白いです。

IMG_5062.jpg
こちら唐辛子の苗です。脇芽がのびてきました。
このわき芽、つくだ農園は、葉唐辛子として出荷しています。木胡椒(キゴショウ)とも呼ばれるものです。私はこれが大好きです。早くこいつのみそ汁やパスタが食べたいです。

こないだ、造形大の学生さんのインタビューを受け、「わたなべさんの好きな野菜は?」と聞かれたので、「。。。」と迷ったあげく、「もうすぐ食べれる野菜で好きなものやったら、葉唐辛子!」と答えました。今度は学生さんが、「。。。」
そうですね、若いコらは食べたことないかもね。この唐辛子の新芽ののびたものです、覚えといてくださいね。
そして6月に入ったら出荷できると思いますので、ぜひ食べてみてください。夏薫るお野菜です。

また、キュウリは動きに動いて、出荷が始まりました。ズッキーニも花が開いてきました。夏はすぐそこですね。

IMG_5076.jpg
by ゆうと

we love やさいシリーズ2012年05月28日

2012じゃがいもオーナーさん管理作業

昨日は京都市内30度を超える真夏日でした。
そんな中、じゃがいもオーナーさんらとじゃがいもの管理作業を行いました。
3月中旬定植のじゃがいも4品種(アンデス、男爵、十勝こがね、こがね丸)の様子です。

IMG_5070.JPG
じゃがいもの花が咲いています。
アンデスは赤い花、男爵は薄ピンクの白っぽい花です。これは男爵の花。

IMG_5072.jpg
十勝こがねやこがね丸はこれから咲いてきます。
品種によって成長に差があります。特に、じゃがいもには休眠期間があり、芽が出るまで時間がかかりますが、その休眠の性質強さで、芽が出るスピードが違います。
今回それがよくわかったのが、十勝こがねの休眠性の強さ。男爵に比べるとだいぶ遅く芽が出てきました。
この休眠性、裏を返せば保存の効く芋ということになりますね。畑では「めがでなーい」と心配された十勝こがねですが、台所では、「もう芽が出てしわしわ・・・」ということになりにくい芋でしょう。
楽しみですね。

さて、今回は、土寄せの終わったじゃがいもの畑で、草取りと、追肥をおこないました。土寄せの度におこなう追肥は今回で最後の3回目。仕上げの追肥として、黒糖搾りかすをぱらぱらと与えました。後は収穫の日を待つばかりです。

IMG_5074.JPG
収穫は7月初旬になります。オーナーの方々には追ってご案内さし上げます。
今年は掘りたて4品目の芋を食べ比べしますのでお楽しみに!
by ゆうと

we love やさいシリーズ2012年05月28日

玉ねぎの収穫日のお知らせ

玉ねぎオーナーの皆様

こんにちは。つくだ農園の渡辺です。
昨年11月に定植した玉ねぎがようやく収穫のときを迎えました。

できは、まずまずといったところ。
味の方は、これから試し堀&試食をしてみようと思っている次第です。
恐らくおいしいことでしょう!!

収穫作業、ぜひお越し下さいねー!

+++++++++++++++++++
玉ねぎオーナー 収穫作業のお知らせ
+++++++++++++++++++
日時 6月10日、17日(いずれも日曜日)時間午後1時から
いずれか都合の良い日にご参加ください。

場所 つくだの玉ねぎ畑
地図はこちら
https://maps.google.co.jp/maps/ms?msid=214864414999812233242.00047b224ffe1e724029b&msa=0

収穫は、1口10キロです。
赤玉ねぎを最大5キロまで混ぜることができますよー^^
黄色だけがいいとか、2キロでいいとか、当日希望をお伝えくださいネ。

持ち物 収穫したタマネギを持ち帰る袋や箱、軍手、タオル、飲み物

希望する収穫日をメールにてご連絡くださいね。
いずれの日も都合が付かない場合は、里の駅や朝市でのお渡しとなりますのでご了承ください。

info@villagetrust-tsukudafarm.com

それでは、よろしくおねがいしまーす!!

農作業2012年05月23日

百井田んぼ仕事、ひとまず田植え完了

百井は、大原からぐぐっと山を登ること400m。
標高約600mの山中にある、集落です。

百井までの道、ぐんぐんのぼる坂道の途中では、遥か琵琶湖を見晴らせるポイントなどあり、
ほんとにずいぶんと山の上にある集落なのです。

今年もそんな百井で米づくり。
去年つくったコシヒカリが、おいしかった!ので、
ことしもコシヒカリ。しかもぐっと増やして5反やりました。

1反は300坪。つまり1500坪の広さの田んぼを、なんと1台の手押し田植え機で植えるという今年。
旦那さんと、わっぱ堂のさとしさん2人掛かりで1日仕事だった月曜日。

IMG_5022.JPG
旦那さんはへとへとになって帰ってきました。
というのも、百井の田んぼは深さが半端じゃないんです。

わたしも昨日、機械で植えきれなかった場所を補植するために入ったのですが・・・。
ずぶずぶっと、足がはまりまして、どこまでいくねん!と心中びっくり。
膝のお皿から下40センチの私ですが、それでぎりぎりの深さ。

IMG_5032.JPG
・・・。
40センチは深いですわー。
田んぼの中でこけそうになって手をついたら、顔付けそうになったくらい。

しかも泥がねばーっと足に絡み付いて、こんな田んぼを何百往復もした2人はさぞさぞ疲れたことでしょう。

しかしまあ、植わってみると清々しく美しい田んぼ。
水は間違いなく清く美しい。
去年、山を手入れしてくれたので日のあたりも良くなったし。

IMG_5028.JPG
手前3枚に加えて、上に2枚の合計5枚。
さて、どれほどの量とれるでしょうか?

今年は気合いいれて米やるでーといっていた旦那さん。
去年は1回も草取りしなかったもんね。
それでもできたという奇跡もありますが。

今年は、アイガモちゃん、投入します!!40羽。土曜日に京都南インターにとりにいくよ!

楽しみだー!!

ね、我が家の米食いちゃん。

RIMG0198.jpg
関係ないけど、久しぶりのフクも登場。

RIMG0217.jpg

1 / 212

過去ログ

2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年