子育て日記2012年08月27日

1年経って・・・

RIMG0018.jpg
本日、ネリが1歳になりました。
ちょうど一年前の今頃、ネリを生むために私は体がちぎれそうな体験をしていたのですが、
いまはしれっと元気に過ごしていることが、あのときは想像できなかった。
生まれてからの1年、生むまでの時間よりなんて早いことか。

ネリはすっかり赤ちゃんの時代を終えて、
子ども時代に突入しています。

一人遊びも上手になってきて、
まとわりついたり、後追いしたりも減ってきました。
いや、まだまだありますけれども。

それでも、二人で一人みたいだった私たちの蜜月も
少しずつ終わりに近づいているようです。

何でも食べられるようになって、
これからもっともっと楽しい喜びが待っているのです。
彼女には何もかもが初めてなのですから。

今年は海にも行ってないし、山にもまだ連れて行ったことがありません。
(山の中に住んでるようなものですが・・)
来年には、アウトドアレジャーも楽しめる歳になっている?のか?
わかりませんが一緒に行きたいなあ。

ネリさんと一緒にしたいことが沢山です。

これからも、一緒にいてくれる間は精一杯楽しく一緒に過ごしたいなあ。
1年間、大きくなってくれてありがとう。

RIMG0042.JPG

雑記2012年08月22日

帰省していました 

お盆の送り火まではなんとしても忙しいのが農家です。

ネリの保育園は13日からお休みだったけれど、だましだまし仕事しながらの育児でした。

それも終わり、ようやく念願の夏休み!!
16日から20日まで濃厚に旅してきました。

16日は配達&人参の水やりという最後の一仕事を終えまずは大垣に帰省。
前髪も切って、準備完了!!

RIMG0007.jpg
ゆうとさん実家にてほっこりさせて頂いてから、いざ長野のじいちゃん家(民父の実家)へ!

高速道路だと大垣から長野まですぐなんです。
よかった。

諏訪インターで国道におりて、まずは両親と兄夫婦と合流。
このころには、なぜか私は全身がだるくて食欲がゼロという状況でした。

食欲もりもりでびっくりする程よくたべる兄夫婦と、両親とに面倒見てもらってネリも大満足。

まず、めざすは五一ワイン、っていきなり自分たちの関心にみんなを巻き込みました。

RIMG0009.jpg
兄と父とネリと私。
わたし、異様に顔が白い。
この訳は、後からわかるのです。

五一ワインは塩尻のワインセラーですが、とーってもすてきでした。
ブドウ棚の中に入ってもいいということで、散歩させて頂きました。

RIMG0024.jpg
売り場なんてちょこっとしかなくて、
ほとんどブドウ畑と醸造所という五一ワインの敷地。
働いている皆さんが、どなたも挨拶してくださり、売り場のお姉さんも丁寧にブドウのことを教えてくださいました。
やたら根掘り葉掘り聞いている旦那さんにも、しっかりと受け答えしてくださって感動。
職人!という感じのすてきなワインセラーでした。

さて、翌日は念願の安曇野へ!
小さいときに何度か行っているようですが、
大人になって改めて行きたい!ということで行ってきました。

長野はもうすずしくて、からっとしていてとてもすてきな天気。
サラダ街道というすてきな名前の街道で、右も左もリンゴ畑という路を抜けて安曇野へ。

まずはやっぱりワイン!ということで安曇野ワイナリーへ行きました。
でもここは・・・、うーん、かなり取って付けた感ありありの施設でした。
昨日の五一ワインのような本気さが、感じられない。
ちゅーことで、ワインは買わず写真だけ取って移動。

RIMG0051.jpg
移動した先はそう、ちひろ美術館!!
ここに絶対きたかったのですわたし。

RIMG0082.JPG
昨日の熱が嘘みたいに元気そうな私です。
実際元気でした。
そう、昨日の顔色の悪さは、急な発熱のせいだったのでした。

たまたま両親が一緒に帰省していたから、ゆっくり寝れてぐっと回復。

ネリは賢くみんなと一緒にご飯を食べてくれました。

RIMG0122.jpg
ちひろ美術館、木造の建物がすてきで、ちょっと迷路みたいで、開放感があって、
遊ぶところが沢山あって、もちろん本が沢山あって、光があふれている美術館でした。

お休みの日というこもあり、館内は人でいっぱいでしたが、
窮屈な感じはなくて、みんな穏やかに過ごしているような感じがしましたよ。

館内のわんわん椅子に大興奮のネリ。

RIMG0099.jpg
安曇野小旅行は大王わさび園のわさびソフトで締めた一行でした。
帰りには辰野で、温泉と思ったら温泉じゃなかった薬草風呂というやつに入って、またじいちゃんばあちゃんのうちへ。

2日目にはすーっかりひいじいちゃんになつくネリ。

RIMG0038.JPG
微笑ましい光景でした。
生まれてからようやく会えたのです。

次の日はもう帰宅。
私の両親は早朝に出発したので、私たちとじいちゃんばあちゃんだけで写真撮影。

RIMG0140.JPG
喜んでもらえてよかった。
遠いからなんて思っていたけど、大垣からだとそんなに遠くなかったし、ネリもがんばれる距離。
また、近いうちに来れたらいいなあ。

帰りには、駒ヶ根でちょっと遊んで、

RIMG0188.jpg
おそばを食べてかえって来ました。

RIMG0205.jpg
ここのおそば、めちゃくちゃおいしかったです。

大垣に帰ってきて、またばたばたさせてもらって、ほんで短い夏休みが終わりました。

昨日からまた元気に登園しているネリさん。
もう来週には、1歳!なのですー。

子育て日記2012年08月14日

夏のこども

ネリ、ただいま保育園がお休みでわたしとべったり夏休み中です。

保育園に行き出してからも、ほとんど風邪などひかずにびっくりするぐらい毎日元気に通ってくれたネリ。
夏になって、預ける時間を1時間も早くしたときにリズムが崩れて1日だけ熱が出たけど、
それからは微熱は時々あるものの、ほぼ皆勤賞に近いぐらいで通っていました。

お迎えにいくと、すり寄ってくるけど、満足すると離れて遊び始めるネリ。
でもやーっぱりがまんしてるんだろうなあ、お迎えにいった後は私や先生以外の人がだっこしようとしても嫌がります。

RIMG0020.JPG
帰ってきても元気ありあまって、とっちらけるネリさん。

私としては、仕事をさせてもらえることがこんなにもありがたいことかと噛み締めながら、
先生のご苦労に甘えつつ、いつも時間ギリギリまで畑仕事。

だから、昨日から始まったネリとの夏休みで久しぶりにずーっと一緒の時間が過ぎています。

どうしよう、どうやって過ごそう、と休みに入る前にビビっていたのですが、
まあなんとかかんとか時間は過ぎてゆき。
今は夕方寝の合間を縫ってこんな風にブログも更新できています。
今日はがんばって3日ぶりにブルーベリーも収穫。
雨のおかげでパンプクリンに膨らんで、今年で一番良い味になっていました。

車の中でアイドリングしながらネリを寝かせつつ収穫するという、
ほんとは絶対したくない荒技で、みっこさんにヘルプしてもらいつつ、収穫。
みっこさんには、ほんとうに大感謝です。
口頭で伝えればいいのだけど、ここでも表明。

さて、夏のネリ。
成長著しく、8月3日にはこんなふうだったのに、

RIMG0003.jpg
8月10日には、こうできるようになりました。

RIMG0066.jpg
これから後半、大垣に帰省したり長野の父方実家に遠出したりが待っています。
さて、どうなることやら・・・。

誕生日までには歩き出すかもしれないなーと期待しつつ。

RIMG0018.jpg

we love やさいシリーズ2012年08月12日

つくだ農園のやさいを食べる日、ソーシャルキッチン?!

暑い日が続きます。
夕立が恋しい夏ですね。
皆さん夏バテ、大丈夫ですか?

私たち家族は、食生活のおかげかなんとかバテずにいます。
大原とはいえ、日中は市内と変わらない暑さ。
クーラー・・・。ちょっと欲しい、と思った今日でした。

さて、9月2日(日)は、つくだ農園のやさいを食べる日Organic Jorneyです。
今年は会場を街中に変えての開催。

場所は、ソーシャルキッチン、まちの台所、そんな名前のカフェというには本格的なご飯が食べられるお店です。
こちらの紹介をいたしましょう。

RIMG0050.jpg
同志社大学の今出川キャンパスを上がった相国寺のお隣にあります。
1階がカフェ、2階がギャラリー的なフリースペース、3階がシェアオフィスという複合施設。
運営は、hanareというNPOです。

おっしゃれーな雰囲気漂うたたずまい・・・。

その1階の、こんなすてきな女子2人がつくるおいしいご飯のお店がソーシャルキッチンです。

RIMG0058.JPG
こちら、右側の女性は、週に2回つくだ農園にアルバイトに来てくれているみっこさん。
ソーシャルキッチンのお野菜担当でもあります。自分で畑もやってはります。
左は新婚予定のしっしー。すてきメニューを作り出す、すてきな女性。

お野菜の使用具合が半端なく多い!メニューの数々。

RIMG0061.JPG
キャベツのアイスクリーム、かなり気になります。
オーガニックジャーニーでは、バターナッツのアイスクリームが出る予定。

こちら、市販のポテチではありません。自家製。
ちょっと食べさせてもらいましたが、おお、おいしい。

RIMG0060.JPG
店の前を通る小学生が釘付けになっている、自家製ポテチ。これもOJで出してもらう予定。

ソーシャルキッチンでは、月に2回第2、4日曜日に、滋賀県椋川のお野菜と大原のお野菜の野菜市が開催されています。
それ以外でも、常設でこんなふうに保存野菜が販売されています。

RIMG0062.jpg
飲食店で、お野菜を買う。
そんな習慣が生まれそうな場所です。

撮影に行ったこの日の、おすすめ日替わりメニューは、夏野菜たっぷりのラタトィユ。
付け合わせの丸オクラのソテーが絶品でしたー。

RIMG0065.jpg
オーガニックジャーニーでは、ほかにも
野菜ディップの乗ったカナッペや、野菜タップりのキーマカレーとか、黒米の韓国風キンパ、
なす、オクラ、赤万願寺の丸ごとマリネ(おいしそう!!!)とか、いろいろ出してくれるようです。

ぜひ、ご関心を持ってご参加ください。

当日は、つくだ農園のお野菜販売もさせて頂きまーす。

お申し込み、詳しくはこちらへどうぞ。
info@villagetrust-tsukudafarm.com

we love やさいシリーズ2012年08月07日

金時人参オーナー募集のお知らせ

涼しげな(寒そうな?!)写真をプレゼント!

去年の金時人参オーナさん、収穫日の写真です。

RIMG0022.jpg
今年もおいしい人参が食べたい!

という訳で、ただいまつくだ農園は、秋冬春に出荷するための人参の種まき&ほ場づくりに全力で取り組んでいます。

暑い夏に蒔くのが人参。
これが、暑さを経て涼しくなる頃にはとーってもおいしい人参になるのです。
そのことを思い描きながら、暑さの中もがんばって作業しています。

さて、つくだ農園では今年も金時人参オーナーを募集いたします。
金時人参は、ご存知、京野菜のひとつです。
真っ赤な色と、細長い姿が特徴のある甘くて柔らかい人参です。
お正月のみならず、普段の食卓を美しくおいしく彩ってくれる、大好きな野菜です。

つくだ農園では、この金時人参を一緒に育ててくれるオーナーさんを募集いたします。

種まきは真夏のさなかに行いますので、私たちで作業します。
今年からはオーナーさんは秋の間引きからの参加となります。

年末には、市場にも売っていないようなすてきなおいしい金時人参が手に入ることを願って!
ぜひご参加ください!

以下、詳細のご案内です。

++++++++++++++++++++++++++++++
   WE LOVE やさい
つくだ農園のやさいオーナー 金時人参オーナー募集のお知らせ
++++++++++++++++++++++++++++++

あっつーい夏、私たち農家はもう早秋冬の準備に取りかかっています。
その一番乗りが人参。

つくだ農園では、この秋冬一番の人気やさい人参の中でも
京野菜の金時人参を一緒に育ててくれる金時人参オーナーさんを募集いたします。

オーナーさんは、秋の間引き、初冬の追肥などの作業にご参加いただけます。
また、年末の収穫の際は、お持ち帰りいただく金時人参をご自分で収穫して頂くことができます。

これは、間引きや収穫といった普段は体験することのできない農作業にオーナーさんをご招待するとともに、
少人数では大変な作業をオーナーさんがお手伝いくださることによって農家の私たちが大変助かる取り組みです。

つくだの豊かで柔らかい土で育った金時人参は、とても柔らかく甘いのが特徴です。
毎年大好評をいただいている金時人参。
作付けは、あまり多くありませんので、食べてみたいという方はぜひオーナーでお申し込みください。

なお、天候不順や病気の発生などによって金時人参の収穫量が著しく少なかった場合は、
お申し込みの分量をお持ち帰りいただくことができない可能性もあります。
過去には、そのようなことはありませんでしたが、有機農業ですので突然の天候不順、
病災害には若干弱いです。

作業予定
第1回作業 9月9日(日)13:00から つくだの棚田 *ほ場の場所は未確定です
第2回作業 10月末か11月頭頃 除草、追肥など
第3回作業 年末 収穫!!*収穫日は複数設けたいと思っています

参加費
一口 3000円/3キロの金時人参をお持ち帰りいただく予定です

お申し込みは
1)氏名 2)〒/住所 3)電話番号 4)申し込み口数 を明記の上
info@villagetrust-tsukudafarm.com (←間違っていた箇所、訂正いたしました。ご迷惑をおかけしました)

までご連絡ください。

オーナーさんのこと、詳しく知りたい!という方。
オーナーさん同士や私たちとの交流会にぜひご参加ください!

1 / 212

過去ログ

2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年