ぶどう畑2013年02月27日

ぶどうあれこれ

IMG_0703.JPG
風邪なおりきってないネリさんを連れて。
長い車中、ちょっと辛かったね、よくがんばった。

いよいよ始まるぶどう畑のことで、
頭がいっぱいなつくだ農園です。

よそでは、どんなふうにやってはるんやろ(@_@)と、ちょっと調査に行ってきましたよ。

京都市右京区の越畑。
なんとなんと、遠かったです。
でも、棚田の美しい村でした。
それに、楽しみにしていたおソバが、めちゃくちゃ美味しかったー。
十割なのに、あのコシは・・・。すごいなあ。
お客さんは、シーズンオフだからか私たちの前に1組いらっしゃるのみで、ほぼ貸し切り状態。
贅沢な時間でした。

で、やってはりましたー。
棚田を利用したぶどう畑。

気候はまさに小出石にそっくりなかんじで、この日も雪がちらほら。
外気温、1度。
うん、ここはうちに似ている!!
と、自信を深めました。

さて、そんな小出石町のぶどう畑ですが、少しづつ賛同のご連絡をいただいております。
うれしい限り!!

3月20日の定植&名付けの会では、ソーシャルキッチンさんの美味しい(本当です)野菜中心のお弁当1000円をご用意しています。
それに、わっぱ堂の細江聡さんが作る汁物、あつあつをご好意により差し入れてもらえることに。

さらには、強力助っ人中東さんからも、うれしいドリンクの差し入れをいただけるとのこと。
こちら、飲まれた場合には車の運転は出来なくなりますのでご注意ください。

そんなわけで、20日は、マイ箸、お椀、コップをどうぞお忘れなく!!
それから、座るところは畑の畦とかになりますので、レジャーシートもあると便利ですよ。

京都バスの時刻表などについても、順次お知らせしていく予定!

その他、差し入れ情報など、ありましたらぜひメールください!

それでは皆様、どうぞお楽しみに♪

そうそう、忘れないでね!
こちら、まだまだ参加者募集中です。

つくだ農園のオーガニックじゃがいもオーナー
今年は男爵とアンデスレッドに加えて、インカのめざめもオプション可。
去年みたいに、今年もその場で焼いて食べたりしますよ。
ぜひご参加ください!!!

おまけ。
蕎麦屋での一枚。
なんか、天使の梯子がネリにかかっている・・・!!

IMG_0705.JPG

ぶどう畑2013年02月22日

ぶどう畑を一緒にはじめませんか

IMG_0167.JPG
去年ハウスでちょっとだけなりました。

唐突なお誘いですいません・・・。

私たち、今年からぶどう畑をすることにしました。
もちろん初心者です。
で、このぶどう、今やっている野菜みたいに皆さんに販売するように作るというよりは、
ぶどう畑という場所を通じて一緒に作業したり、収穫できたらそれを食べたりする、
そんな場所にしたいと思っています。

ぶどう畑が、みんなの公園になったり、レストランみたいになったり、
キャンプ場になったり、はたまた避難所としても機能するような。
そんな場所にしたいと思っているのです。

唐突な思いつき・・・ではありません。

いま私たちが住んでる小出石町には、公園がありませんでした。
ネリが生まれてから、散歩する場所がなくて、いつも百井へ向かう国道沿いを歩いていました。
でも、ダンプカーが結構通ったり、犬に吠えられたりで、あまり散歩向きとは言えず・・・。

そんなときに、雪が降った小出石の畑で、沢山の子どもたちがソリ遊びしてるではありませんか!
そうか、畑が公園になるなあ、なんて私たち夫婦が初めて思った瞬間でした。

RIMG0251.JPG
子どもたちが遊んだ跡・・・。
ぶどう畑予定地の借りている畑は写真、奥の方。

それから1年、ちょうど子どもたちがソリ遊びをしていた小出石町の畑を借りて今は野菜づくりをしています。
ここを、ぶどう畑にして、もっともっと人が集える場所にしたいと思っているのです。

まずは、ぶどうを植えることからはじめたいと思います。
私たちも初めて。どうなるのか全く手探りからのスタートです。

でも、ぶどう。
これは夢のある植物です。
ぶどうについてちょっと語りますと、ぶどうというのは作物としてはかなり古代から栽培されているのです。
葡萄酒として聖書にも出てくるように、歴史は深いといえます(うろ覚えですが)。
この植物、何が優れているかというと、醗酵出来る、という点が挙げられるのではないでしょうか。
そう、ワインです。

ワイン!大好きなんです。

今回、ぶどう畑に植えるぶどうも、そういうことで、ワインに出来る品種を選びます。
ベリーAとキャンベル。
どちらも、生食もできますよ。
とくに、キャンベルは、今はあまり作られていないようですが、
ブドウジュースにしたときの香りがとても良いそうで、って私の好きな辰巳芳子さんの本からですが。

とても、楽しみな品種なのです。

つくだ農園的にはかなりワクワクしているのですが、
今回、一緒にワクワクしてくれる強力な助っ人が1人いはります。

中東さんです。
なかひがしさんは、銀閣寺でお料理屋さんをやっておられる方なのですが、
ずっと前から「ぶどうやりー」と旦那はんをけしかけて(下さって)いた人でもあります。
和食のお店ですが、ワインを合わせて出されることも多く(って、行ったことありませんが)、
なんどかいただいたワインはどれも絶品!でした。

ぶどう園にブドウが実るのは少なくとも2、3年はかかるでしょうが、
「みんなでわいわい飲みましょー」と、すでに頭の中はワインでいっぱいのご様子。

そんな素敵な助っ人を含め、私たちと一緒にこのぶどう園でわいわいとやりませんか?

まずは定植作業のための畑の準備からの始動です。
その後の定植会では、ぶどう苗100本を定植します。
そして、そのうちの50本に、あなたの好きな前を付けてもらう、名付け会もします。

老弱男女、年齢不問、どなたでも、だれとでも、どこからでも、参加してほしいと思っています。

畑を準備して、定植してからの作業もまだまだ続きます。

ぜひ、一緒に作業しませんか。
そして、ぶどう畑に集いましょう!

きっと美味しいものや、素敵な出会いがあると思います。

++++++++++++++++++++++++++
        小出石町のぶどう畑
++++++++++++++++++++++++++

作業
第1回目 3月10日(日)午後1時から午後3時頃まで 畑の竹伐採

第2回目 3月20日(水・祝)午前10時から午後2時頃まで 定植&名付け会
*お昼は、social kitchenさんのおいしいベジケータリングを予定しています。
別途1000円の昼食代がかかります。

第3回目 4月末 ぶどう園に置く竹ベンチづくりワークショップ

その後もどんどん続きますー!!1

場所 大原小出石町

費用 作業に参加する費用はまったくかかりませんが、
お昼のケータリングなどがつく場合はその分だけいただいたりすることがあります。

アクセス 京都バス大原小出石行き「小出石町」下車徒歩1分
*小出石町まで行く京都バスは少ないので事前に時間などをご案内します。
駐車場がないので、車での来場は要相談となります。

お越しいただく際には、メールにて
1)氏名 2)第1回/第2回 いずれの参加かもしくはいずれもか
を明記の上ご連絡下さい。

ぶどう畑に関心があるという場合はMLへの参加のみもOK。
今後のぶどう畑でのイベントのご案内を差し上げます。

作業へのお申し込み、問い合わせ、などはすべて
info@villagetrust-tsukudafarm.com
までお願いします。

RIMG0123.JPG

野菜あれこれ2013年02月20日

しわしわの底力

寒い大原。
久しぶりに、フクを洗いました。
風呂嫌いなフクですが、毎日ぼりぼりしているのを見て、そろそろ洗ってあげなあかんなーと決意。
おやつでお風呂場に誘い込んで、一気に洗い上げます。

一瞬抵抗してみせるもすぐに観念して、ぐるぐる風呂をまわりながら洗い上げられるフク。
毎回かわいそうになりますが、洗い終わったらこの通り。

IMG_0606.jpg
もうはや、うつらうつらと夢の中です・・・。

さて、ジャガイモ。
唐突ですが。

我が家には、去年の夏に収穫したジャガイモがまだあります。
ほそぼそと食べつないでいるのですが、このジャガイモ明らかに味に変化があります。

見た目はもう、しわしわのおばあちゃん。
ちょこちょこと、新芽まで出始めているのですが、なんとこれがとってもおいしいのです。
うちでは、しわジャガと呼び(芸なし)、大切にしています。

じゃがいもの魅力は語るにつきませんが、新ジャガはとくに重宝されていますよね。
でも、わたしなんかからすると、ぜったいしわジャガのほうが貴重だとおもいますよ。
まず第一に、収穫時期のタイミングが悪いとしわになる前に腐ります。
それから、保存がウマく出来てないと緑化してしまいます。緑化した芋はおいしくありません。

それに、しわになるまで半年。
ゆっくりと自然に乾燥することによって、(恐らくね)デンプンが糖分に変わるのではないかと思っています。
食感は、もっちり、ねっとりします。
男爵も、アンデスレッドも、ほんとに昔どんなだった?というくらいおいしくなるのです。

見た目は著しくわるいので、スーパーなんかには絶対並びません。
自分で熟成させるしかないのです。

こんなとき、農家で良かったー、なんて噛み締めます。
野菜の、知られざる姿にであえたことと、
しわしわになることの価値を知ることができたからです。
老いることを恐れがちな私(たち)ですが、ジャガイモは、「うまみが増せば価値も高まる。」
こんなことを教えてくれるのです。うん。

なんて自分で納得しているだけですが。

こちらはまるで新ジャガ!な娘ネリです。

IMG_0586.jpg
そんなわけで、ただいまつくだ農園のじゃがいもオーナー、募集中です。
どうぞよろしく。

雑記2013年02月08日

ちょっと息抜いて

今日は金曜日。
いつもだと、配達に出ている私ですが、今日は旦那さんが行く!というのでお願いして、
うちで細々用事をしながらゆっくり過しています。

朝から寒い大原で、雪が降っているのですが、まずは張りきってフクと散歩。

旦那さんのbarbourコートを勝手に着用してぬくぬくしながら、
外の気温計がー3℃っていうのを確認して、にんまりしながら歩いてきました。

帰ってきて、薪ストーブにたっぷりと薪をくべて、準備万端にして、パソコンに向かいます。
いそいそと、前から気になっていたosのアップデート。

mountain lion。これで、クラウドに対応です。
いきなり、マウスの操作方法が変わってしまって、ちょっと手間取っていますが、
(上下に動かす操作がまるっきり逆になってる・・・!!)
なんかあってもバックアップについては、ばっちりや。
・・・たぶん。

さて、2月はちょっとほっこり出来る季節なんです。
畑仕事は収穫のみになるし。

今のうちに、確定申告の準備したり、年金の心配したり、普段できてない計算などをしてしまいます。

仕事ばかりじゃなくて、時には遊ばないとね、ということで旦那さんはスキー板を新調し、遊ぶ気満々。
私は、髪を短く切ったりして、気分転換。ちょっとさぶいけど。

週末には旦那さんの実家の岐阜にて、スキー(私とネリはソリ&温泉)遊びする予定。

IMG_0504.jpg
ほっこりしすぎな1歳児

こちらも只今募集中!!!

we love やさいシリーズ2013年02月06日

じゃがいもオーナー募集のお知らせ

IMG_5072.jpg
白くて可憐なジャガイモの花
きれいですね・・・
ジャガイモの花の観賞用もあるほどです

立春もすぎ、寒さ一段落かと思いきや、そう甘くは有りません。
今日は、ぴりっとした寒さの大原です。

とはいえ、畑にはすこしずつ春が近づいています。
先週は、オオイヌノフグリの花が咲いているのを見つけました。

この花、名前はともかくとして、私は大好きな花です。
幼い頃から、この花の色みや小ささこれがさく季節も含めて心奪われてきました。
今年もであえてよかった。

さて、今年も、農作業はそろそろじゃがいもの定植の時期が近づいてきました。

去年は4種類ものジャガイモを植えて食べ比べなどして、その成長や栽培を比べてみました。
これは、ずいぶん勉強になりました。

その結果、ことしはなんと、男爵とアンデスレッドこの2種類のみで行くことに決定。
えー!こがね丸は?十勝こがねは!!という声もあがりそうですが、ここはひとつ、初心に帰ってこの2種類にさせて頂きます。

理由は、栽培期間がこの2種類、ほとんど同じだから。
これは大事なことです。
ジャガイモの収穫時期は、関西は梅雨入り間近な季節。
1週間収穫がずれるだけで、腐ってしまった・・・という痛い経験は、昨年体験済みです。

ですので、びしっと、きちっっと、収穫できるよう今年は管理していきたいと思います。

その代わりと言っては何ですが、今年はジャガイモにさらにもう一口、インカのめざめを加えます。
通常のじゃがいもオーナーに、追加オプションという形で、
希望者のみにインカのめざめのオーナーさんにもなって頂けるよう考えています。

インカの目覚め、実は去年もこっそりと自家用に作っていました。
試食にはおろか、作っているということさえも伏せていました。
はい。すいません!

まずは、どれぐらい収穫できるかやってみたかったのと、味も確かめてから・・・と思っていましたので。

結果は思っていたより、収量が安定していたことと、味は抜群!!でしたので、オーナー品種に加えることにしました。

ぜひ、ご検討くださいね。

というわけで、以下、じゃがいもオーナーさん募集の案内です。
転送、投稿、相談オッケーでございます。
ぜひぜひお申し込みください。

+++++++++++++++++++++++++++
2013年7月収穫の
オーガニックじゃがいもオーナー募集のお知らせ
+++++++++++++++++++++++++++

つくだ農園と一緒に作る、有機のじゃがいもオーナーになりませんか。
食卓の定番のジャガイモですが、
ジャガイモが、どんなふうに畑で大きくなるのか、どんな花が咲くのかご存知ですか?

つくだ農園のじゃがいもオーナーでは、オーナーになって頂いた方には
ジャガイモ畑に実際に来て頂き、一番最初の定植から、芽かき、収穫までを体験して頂きます。

収穫した2種類のジャガイモはもちろん、お持ち帰りいただけます。
今年はなんと、オプションでインカのめざめもオプションにてオーナーになって頂けます。
なお、インカのめざめは、販売価格よりも少しお得な料金設定とさせて頂きますので、
この機会にぜひお試しください。

お友達同士、ご家族で、お一人でも、ジャガイモがお好きな方ならどなたでも結構です。
ぜひお申し込みください。

期間:2013年3月から7月のうち、畑での作業は、3月、5月、7月を予定しています。
出来る限り作業にご参加ください。

作業:第1回 3月17日(日)午後1時からつくだ農園の畑にてジャガイモの定植作業
   第2回 5月下旬から6月上旬 ジャガイモの芽かきと追肥
   第3回 7月初旬か中旬 収穫

料金:男爵とアンデスレッド合計10キロ分のジャガイモ付き、1口3500円
   インカのめざめのオプションは、1口2キロで1000円(販売価格1200円)
なお、インカのみのお申し込みは出来ませんのでご了承ください。

お申し込み
1)氏名 2)住所 3)電話番号 4)申し込み口数/インカ希望の場合はその旨も
5)第1回作業への参加可否(追加) を明記の上、
info@villagetrust-tsukudafarm.com
までご連絡ください。

沢山のお申し込み、おまちしています!

過去ログ

2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年