イベント・お知らせ2013年12月20日

Organic journey -パタゴニア京都でつくだ農園の野菜が買える日ー

gen1_ex_kyoto.jpg
<パタゴニアHPから引用>

来年1月12日(日)に、烏丸御池の新風館1Fにある、パタゴニア京都店内で、
Organic journey -パタゴニア京都でつくだ農園の野菜が買える日ーを開催します。

つくだ農園では、毎年やさいオーナーさんを対象に、お店を貸し切ったOrganic journeyという交流会を開いてきました。
オーガニックを巡る旅、私たちと一緒に進めていきませんか?というコンセプトのもと、
つくだ農園の野菜をふんだんに使ったメニューを楽しみながら、
やさいオーナーになって下さった皆様とつくだ農園とが交流するというイベントでした。

初めてのときは大原の「わっぱ堂」さん。
昨年は「ソーシャルキッチン」さん。

さて、今年はどうしよう。

毎年夏に実施していたのですが、今年の夏は余裕がなくて、年が明けたらにしよう!と前から考えていたところに、
なんと、パタゴニア京都店さんから、店内で野菜販売をしてみませんか?とのお誘いを受け、
これだ!と、Organic journey を乗っけることにしました。

したがって、今回はお食事をしながらの交流という訳ではありませんが、
やさいオーナーさんに限らず沢山の方に来て頂けるような企画にしたいと思っています。

さて、そもそもパタゴニア京都さん、なんでつくだ農園にお声がけ下さったのかというと、
店長さんが同じ保育園の保護者だったというのが一番大きいと思うのですが、
衣料品店でありながら、環境問題にはいち早く関心を持ってきたパタゴニアさん。
食の問題に対しても、なんと10年もまえにGM(遺伝子組み換え)作物に反対するデモを起こしたりと、とても関心を持って取り組んでいらっしゃるというではありませんか。
農業を営む私たちにも、とてもシンパシーを持って、今回の企画を立てて下さいました。

店舗に野菜を置く、という取り組みは、パタゴニア他店では既に実施されているようですが、京都ではこれが初めて。
うちらでええのか・・・?と不安も抱きつつ、
なんだかとってもフレンドリーに私たちにお声がけ下さったパタゴニア京都さんと一緒にお野菜販売できることを、とても楽しみに思っています。

gen1_in_kyoto3.jpg
<パタゴニアHPから引用>

こちらの、とても素敵な場所で販売させて頂きます。

やさいオーナーさんはもちろんのこと、やさいオーナーに関心のある方、有機野菜を食べてみたい方、農家と話してみたい方、パタゴニア京都でお会いできることを楽しみにしています。

オーガニック & リラックスな雰囲気でお待ちしております。

ぜひお越し下さい!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
Organic journey
-パタゴニア京都でつくだ農園の野菜が買える日
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
日時 2014年1月12日(日)午前11時から午後3時頃まで
場所 京都新風館1Fパタゴニア京都店内

もちろん入場無料!!
お子様も大歓迎!

お野菜販売2013年12月20日

金曜日は配達でっせー

水曜日と金曜日。
つくだ農園は街に配達に行く日となっております。

だから、火曜日と木曜日はその準備で大忙しなんですが、
その分水曜日と金曜日は街へ出るちょっとうきうきした気分にもなるのです。
特にこの季節、野菜がとっても重く、私の膝がガクガク震えてしまうので(まじです)、
旦那さんと一緒に行くことも多いのです。
毎回まるでちょっとしたお楽しみデーみたいで、まあほんまに楽しんで配達しております。

さて、そんな今日は大原の畑の方が忙しくて久しぶりに私一人での配達。
いっちょ、どんなところに行っているか紹介してみようかななんて、写真を撮ったりしました。

全部じゃないんですけどね。

まずは、毎週2回行っている出町にあるお店、「出町ろろろ」さん。
いつも、赤ちゃんがお店にいるので会えたり声が聞こえたりするのが今一番の楽しみなお店です。
ランチは予約しないといつもいっぱいという人気のお店。
開店からずーっとのおつきあいです。いつも本当にありがとうございます。

それから車は鴨川の横を北上して、今度は「やおやワンドロップ」さん。
言わずと知れたおしゃれなだけでなく、じつに充実した確かな品揃えの八百屋さんです。
このお店のスタイルというのは、野菜を取り扱う人々にとっては実に勉強になるだろうな、なんて、勝手に思っています。
だから、うちの野菜を取り扱いたいという希望がある人にはいつも、この八百屋さんを知っていますか?
なんて、お伝えしたりしています、はい、勝手に。

IMG_0974.jpg
そのあとはぐぐーんと南下しまして、中京区のhukucafeさん。
こちら、美味しいメニューの充実したカフェ。ご飯ものがとっても美味しいのですが、やはりカフェ。
コーヒーが美味です。
店内にある水出しコーヒーメーカーが、テレビで見たやつとおんなじだったのに興味を持ってアイスコーヒー、頂いてみましたところ、
ほんまに美味しい。冬でも毎回飲んでます。濃いーノンシュガーのチョコレートみたいな味。
翌日になっても美味。ほんとに。おすすめです。テイクアウトできます!

IMG_0978.JPG
そのあとは、がん!っと錦へ向かいます。
今日は込んでましたー。
師走の錦。
車が多い!!
向かいますのは、「かね松老舗」さん。
超、有名な八百屋さんですね。
こちらに、おろさせて頂いています。
毎回身を引き締めて出荷準備、配達にあたっています。

IMG_0638.JPG
さてさて、人ごみ激しい街中をぬけて、今度は丸太町「ファーマーズ」さん。
良質なスーパーです。
すぐ横に「○レスコ」があっても、こっちに来るデー、というお客さんも多いのでは?

IMG_0985.JPG
そのあとは、ぐぐっと左京区エリア、最近北白川にオープンしました「スコップ&ホー」さんです。
おしゃれなカフェ&八百屋さん、ミックス具合が新しい感じのお店です。
店主は大原で畑もやってはります。素敵なお店。

IMG_0989.JPG
さあさあ、本日最後は一乗寺「焼き肉屋 いちなん」さん!
え、焼き肉や?
そうです。焼き肉屋さんで毎週土曜日に野菜市をしておられるのです。
今年はもう終了して、来年11日からまた再スタート。
いつもありがとうございます。
なんといっても、焼き肉のおいしいお店です。が、野菜メニューも大充実なんですー!

と、本日はここまで。
京都市内をあちらこちらと走り回って、大原に帰るともう午後2時を回っているのです。

疲れた、でも楽しい、配達日記でしたー。

子育て日記2013年12月20日

卒業!

IMG_0965.jpg
こんなこと、ブログで書くのはちょっと恥ずかしいのですが、
きっと同じことで悩んでいるお母さんも多いのではないかなー、っておもって思い切って書きますね。

ようやくネリが卒乳しました。
2歳と丸4ヶ月。
・・・長かったー、ほんまに。

2歳の誕生日のタイミングでやめようと準備やらいろいろしたのですが、
とても泣いてしまって断念して4ヶ月。
まるでびっくりするぐらい静かに、穏やかに、卒乳することができました。
泣き叫ぶのを無理矢理我慢ということもなく、自分の意志でばいばいしてくれました。
長かったけど、待ってよかった、ネリの気持ちに合わせてよかった、と今は思っています。

どんな風だったかというと、まず、2歳でやめようとしたときには、夜「おっぱいなくてもねんねできるよー」と
言い聞かせ、何度かは成功したのですが、リバウンドが激しく、夜以外はいつでも飲みたがるという状況に陥りました。

なんか、無理矢理がつうようしないぐらい知恵もついてきていたので、無理強いはいったんやめて様子を見ることに。
するとある時、保育園から帰ったら必ず欲しがっていたのに、忘れたように欲しがらなくなりました。
これはチャンス?!とおもって、夜もやめてみることに。
そのときつかった手が、「おばけ」・・・。

って、やっぱりビビらせてます。ネリちゃんごめんね。

でもこれが効果てきめんで、しずかーな声で「おばけがおっぱい飲んでる子どもをさがしてるでー、連れて行かれてしまうからやめよっかー」と提案すると、「うん」って、実にすなおに。
これを2、3にち繰り返したら、もう飲もうとしなくなりました。
びっくり。

自分の意志でやめれたことと、お母さんにやめなさい!って怒られた訳じゃないことが良かったのか、
「ネリおねえちゃんだから」と飲まないことを得意げにしています。

よかった、ほんとうによかった。

聞いていた通り、ご飯ももりもり食べるようになったし、
着替えやらトイレやらも急にちゃんと出来るようになりました。

自立、といったらおおげさですが、いや、確実にこの冬ネリは自立の1歩を進んだと思います。

うれしいです。
こうやってどんどん自分の手から離れていくのでしょう。
それはやっぱり、何よりうれしいことです。

近くにいるけど、近すぎず。
遠くにいても、近く感じて、いつでも見守りながら一緒に成長していこうと思った次第でした。

そうそう、ネリが作った歌があります。それを心に刻みながら。

「ちかくてみえない、ちかくてみえない、ちかくてみえないよー」と言う歌。

なんちゅう深い歌詞でしょうか(笑)

子育て日記2013年12月11日

すなおな心で

IMG_0823.jpg
我が娘ネリ、2歳と4ヶ月。
先日家族みんなが風邪をこじらせてほぼ1週間ネリも保育園を休んで一緒に寝込んでいました。

去年の10月末に風邪をこじらせてヘルペスになり、ネリも痛い思いをし
看病する方も大変な思いをしたのを教訓に10月は乗り切ったのに、11月にやっぱり長風邪。

IMG_0938.jpg
風邪を引くと、子どもって本当にすなおに体調が態度に関係していて、
私たちの間では「デーモン小ネリ(デーモン小暮ってのがいませんでしたか?)」と呼び合うほどの
手の付けられない泣き叫びが、半日おきくらいに発生するのでそりゃもう大変でした。

だっこだっこと抱っこをせがみ、だっこしたひにゃ、あっちあっちとあらぬ方向を指差して、
そっちに行けばくるりと反対をさしてあっちあっちあっちだよー!と泣き叫ぶ。
抱っこしている親は部屋の中をうろうろ右往左往。
まるでコントみたいですが、やってる本人はデーモンになっちゃってるし、
やられている方の親は疲れ果ててんのに、無駄にうろうろさせられてげっそり・・・。
あげく、外へ行くといって、外へ出ても泣き叫ぶ&あっちこっちとうろうろ・・・。
「神様助けて!」とつい心の中で泣き言を言ってしまうような夜が何日か続きました。

でもよく考えたら、ネリが一番きついんだよなー。
まだ自分の辛さしんどさをはっきりと言葉に表せられないもどかしさを、そうやって泣き叫んでるんだろうなと思いました。

元気になった今は、デーモン時代が嘘のように朗らかに可愛いネリ。
ひとつ風邪を引くたびにどんどん賢く、可愛く、なっていくなあ、と親ばかにも思ってしまいます。

IMG_0848.jpg
「だって、ネリむずかしいもん」とかいって、私にいろいろさせるネリ。
「ネリがするー」となんでも一緒にやりたがるネリ。
着替えるのをいやがって、パジャマを着たまま登園するネリ。
ほんと、かんしんするほどいろいろ知恵がついてきましたね。

でもやっぱり甘えん坊で、まだまだ小心者なネリ。
おばけなんてないさー、の歌を歌うと本気で怖くて何でも言うことを聞くネリ(親は意地悪くもそれを利用したりして・・・)。
そんなところもかわいいなあ、とおもうのです。

IMG_0881.jpg
私がすなおにネリに向かえば、ネリもすなおにこちらに向かってくれる。
意地悪な心でイライラとしていても、たいていはすなおな心を向けていてくれる。
さっきはごめんね、と言ったら、だいたい許してくれる。
こどもって、なんてすなおなんでしょうか。
びっくりして恥ずかしくなるくらいいつもすなおな心で私をみています。
そして、いつでも許してくれて私を嬉しくさせてくれます。

子どもに育てられてる、と思う瞬間が確かにあります。

we love やさいシリーズ2013年12月11日

玉ねぎ定植いたしました

報告が遅くなってすいませんが、
11月17日(わお、もう1ヶ月も前か!)の暖かかった日曜日、
玉ねぎオーナーさんと今年最初の玉ねぎ苗定植を行いました。

今年は、当初予定していた畑の乾きが遅く、
この日は収穫予定になかった早生の玉ねぎを定植して頂くことに・・・。
早生は5月末から収穫が始まり保存にはあまり向かないのでオーナーサン向け品種からは外していたのですが、
こりゃちょっと収穫もしてもらおうかなどうしようか・・・と今考えています。

さて、そんな玉ねぎ、皆さんどうやって育てるか知ってはりますか?
玉ねぎは、種から育てます!って、当たり前ではありませんよ。
ふつう、ホームセンターとか行くと、10月頃から「玉ねぎ苗」って売っているのです。
だから、家庭菜園上級者でも、玉ねぎは苗を買ってくるもんと思っておられるのではないでしょうか。

農家は違います。
種から育てます。
だって、大量に作りますから、苗を買っていては高くつく。
だけではありませんけどね、理由は。でも、とにかく沢山定植するので沢山種をまいてたくさん苗を作っておくのですよ。

DSCF8656.JPG
え、こんなところにも?というような農地の隙間を利用して育てていた今年の早生苗。
オーナーのみなさんと、まずはその苗をとりにいくところから始めました。

DSCF8669.JPG
地面から生えている苗を、ブちっと抜きます。
それをもう一回土に15センチくらいの間隔を空けて、1本ずつ植えていくのです。
玉ねぎって強い!ブちっと千切られたものが、もう一度土の中で大きくなるのですから。

玉ねぎの定植って地味な作業です。
細い苗を1本ずつ植えていくのです。
でもこれが、誰かとしゃべりながらとかだと結構楽しくできちゃうのです。不思議です。
思う存分?定植して頂いて約2時間。作業は終了しました。

玉ねぎ、あとは来年の初夏の収穫を待つばかり・・・。
ええ、なんもしません。ほったらかしです。
植えるのと、収穫するのだけ大変ですが、あとは実に賢く大きくなってくれます。
(雑草に負けないため、肥料の持ちを良くするためにあらかじめ黒いビニールマルチを張っているおかげもあります)

たのしみですね。

お客様を見送ってほっとするつくだ農園。
ネリは泥だらけになって、今みるとびっくりしますが反袖にパンツというスタイルでリラックス。
寒ないんか?!

IMG_0829.jpg
いえ、この日はほんまにあたたかかったんです。

自家用に、とつくっていた白菜が以外と豊作でうれしかった、の図。

IMG_0844.jpg

1 / 212

過去ログ

2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年