子育て日記2014年10月28日

姉と妹

IMG_2925.jpg
今日は姉妹の話。
よく、2人目は男の子が良かったのではと言われるのですが(主に年配の方にね...)
私としては、姉妹ってなんか嬉しかったりします。

自分の妹とは青春時代は妹が遠くにいたこともあって(ニューヨークに)
そんなに連絡を密にするような仲ではなかったけれど、
今はつくだ農園を手伝ってくれているし、
頼りになる存在だし、姉妹っていいなあと思うので。

我が家の姉妹は、ただいま姉が妹に夢中というかんじ。
だいたいいつもパワフル全開姉と、
姉の声に反応して(やっと寝たのに)泣き叫ぶ妹という図式です。

IMG_2900.jpg
ウトウト...

IMG_2901.jpg
ネリ姉、登場〜!!
ギャー

IMG_2902.jpg
泣いてる妹、お構いなし〜

IMG_2903.JPG
0才と〜3才〜、を手で表しています。

IMG_2908.JPG
おそよ、大丈夫よ〜
ネリ姉が来たよ〜
ギャー

IMG_2914.JPG
チュッ!

わたしもこんな風に妹を可愛がっていたのかなあ...?
記憶にないですわー。

ネリがどんなにそよを泣かしても、それはお世話してあげているから。
そこを怒ったらあかんなー、と思って見守ります。
(内心、そっとしといてー!と叫んでいます)

いつもそよをお世話してくれる、やさしいネリ姉なのでした。

こちら、まだまだ募集中!
つくだ農園と一緒につくる
冬の美味しい金時人参と
有機無農薬の玉ねぎオーナー

手作り2014年10月24日

バジルペースト

最後のバジルを使って、バジルペーストを。

RIMG0467.jpg
このところ、すっかり秋めいてきて、というか朝晩は冬の気配を感じるのですが、
畑の野菜がどんどん最後の〜になってきています。

ナスも、オクラも玉ねぎもおしまいです。
いつもならある唐辛子はことしはとうに無くなっているし。

そういうわけで、バジルも採り収めだったようです。
旦那さんがどっさり持って帰ってきました。

RIMG0476.jpg
これに、とっておきのにんにくと、
いつもつかっているエルコープの美味しいオリーブオイルと、
ゲランとの粗塩で、バジルペースト。

にんにくは、今年は株が小さくて販売しませんでしたが、
その分自家用がたっぷりとあって、
乾燥も十分でとても状態が良いのです。

そんなんを、ガーッと混ぜましてできました。
簡単です。

松の実やパルミジャーノレッジャーノなどは入っていません。
シンプルだから、食べるときにもう少し手を加えたりしていろんなバリエーションを楽しめそうです。

そよが生まれてから初めての瓶詰め仕込み。
まだ長く寝てくれるから、まとまった時間あるしなんとかできました。
もうちょっとするとこういうことは益々できなくなるよねー、と心の声。

楽しんで作りました〜。

RIMG0475.JPG
大原はもう夜が寒くって、毎晩ストーブを焚いています。
ストーブを焚くと、ほっかほかになるのですが、
そうなる前のちょと寒い夜、そよはこんな風になります。
こうすると、安心するのかよく寝ました。
どっかで昔、こんな風にして赤ちゃんを寝せてある写真を見ました。
たしか遊牧民の写真やったような...。

we love やさいシリーズ2014年10月08日

金時人参と玉ねぎのオーナーさん募集のお知らせ

IMG_0965.jpg
IMG_0163.JPG
こんにちは、つくだ農園の渡辺です。
すっかり秋も深まり、朝晩はずいぶん冷え込んできましたね。
我が家では早くも薪ストーブが稼働を始めました。
雨が多くて大変だった夏がすぎ、良い天気の続く秋となってほっとしています。

さて、つくだ農園では毎年晩夏には金時人参オーナーさんを募集していました。
今年は、第2子の誕生が重なりいつもの時期に募集することができませんでしたが、
この度、年末収穫作業の みではありますが金時人参オーナーさんを募集することにしました。
また、玉ねぎオーナーさんは例年とおり、定植からの募集です。

有機無農薬でつくるおいしい野菜づくりにぜひご参加ください。

+++++++++++++++++++++++++
金時人参オーナーと玉ねぎオーナー募集のお知らせ
+++++++++++++++++++++++++

金時人参オーナー募集詳細

金時人参とは、細長く赤みの強い東洋系の人参です。
お正月に食されるのが一般的ですが、柔らかく香りも高いため
お正月だけではもったいないほどおいしい野菜です。
つくだの棚田は土が柔らかく深いので人参づくりに最適な畑です。
金時人参は、土の柔らかさで人参自体の柔らかさも変わる繊細な野菜。
ぜひ、つくだで育つ柔らかで美味しい金時人参を味わって下さい。

例年は、8月末や9月の頭に人参の間引き作業があるのですが、
今年はつくだ農園の第2子誕生のため、間引き作業の時期はオーナーさんの募集が出来ませんでした。
そのため、今年の金時人参オーナーさんは、12月の収穫作業のみとなります。
収穫時期は寒いですが、冬の大原も美しく素敵です。
ぜひご家族、ご友人などお誘い合わせの上ご参加ください。

収穫日時 12月中下旬
場所 つくだの棚田
*日程と場所の詳細は追ってご連絡いたします。
参加費 1口3000円/金時人参3キロ分

お申し込みは
1)お名前 2)〒/ご住所:過去にご参加いただいている場合は省略可 3)お申し込み口数
を明記の上
info@villagetrust-tsukudafarm.com
までメールにてお申し込みください。

玉ねぎオーナー募集詳細

玉ねぎは、秋に定植して次の年の初夏に収穫を迎える野菜です。
つくだ農園では毎年約2トンの玉ねぎを収穫するのですが、秋にはもう売り切れてしまう人気の野菜です。
今年の玉ねぎは玉太りも良く、甘みもしっかり乗っていてとても良い出来でした。
来年はどんな玉ねぎになるでしょうか。

オーナーさんとは、定植作業から一緒にはじめたいと思います。
毎年寒くなり始める時期の定植ですので、ちょっと大変なのですが、
これをしないことにはタマネギの収穫は望めません。
そして、来年夏の収穫を一緒に楽しみに待ちたいと思います。
定植の大変さ、収穫の喜びをかんじられる玉ねぎオーナーです。
ぜひ一緒に玉ねぎを育てましょう。

第1回作業日 玉ねぎ苗の定植 11月23日(日)24日(月・祝)午後1時から約2時間程度
いずれかの日程もしくは両日参加も大歓迎です!ちょうど紅葉の見頃の頃。帰りは三千院を観光してもいいかも知れませんね。

場所 つくだの棚田
*詳細は追ってご連絡いたします

参加費 1口3000円/玉ねぎ10キロ分
*通常の販売価格よりお得な値段です!

お申し込みは
1)お名前 2)〒/ご住所:過去にご参加いただいている場合は省略可 3)お申し込み口数
4)第1回作業へのご参加 可否と参加いただける場合の参加日程
を明記の上、
info@villagetrust-tsukudafarm.com
までメールにてお申し込みください。

沢山のお申し込みをお待ちしております!!

we love やさいシリーズ2014年10月08日

金時人参、玉ねぎのオーナーさん募集のお知らせ

IMG_0965.jpg
IMG_0163.JPG
こんにちは、つくだ農園の渡辺です。
すっかり秋も深まり、朝晩はずいぶん冷え込んできましたね。
我が家では早くも薪ストーブが稼働を始めました。
雨が多くて大変だった夏がすぎ、良い天気の続く秋となってほっとしています。

さて、つくだ農園では毎年晩夏には金時人参オーナーさんを募集していました。
今年は、第2子の誕生が重なりいつもの時期に募集することができませんでしたが、
この度、年末収穫作業の みではありますが金時人参オーナーさんを募集することにしました。
また、玉ねぎオーナーさんは例年とおり、定植からの募集です。

有機無農薬でつくるおいしい野菜づくりにぜひご参加ください。

+++++++++++++++++++++++++
金時人参オーナーと玉ねぎオーナー募集のお知らせ
+++++++++++++++++++++++++

金時人参オーナー募集詳細

金時人参とは、細長く赤みの強い東洋系の人参です。
お正月に食されるのが一般的ですが、柔らかく香りも高いため
お正月だけではもったいないほどおいしい野菜です。
つくだの棚田は土が柔らかく深いので人参づくりに最適な畑です。
金時人参は、土の柔らかさで人参自体の柔らかさも変わる繊細な野菜。
ぜひ、つくだで育つ柔らかで美味しい金時人参を味わって下さい。

例年は、8月末や9月の頭に人参の間引き作業があるのですが、
今年はつくだ農園の第2子誕生のため、間引き作業の時期はオーナーさんの募集が出来ませんでした。
そのため、今年の金時人参オーナーさんは、12月の収穫作業のみとなります。
収穫時期は寒いですが、冬の大原も美しく素敵です。
ぜひご家族、ご友人などお誘い合わせの上ご参加ください。

収穫日時 12月中下旬
場所 つくだの棚田
*日程と場所の詳細は追ってご連絡いたします。
参加費 1口3000円/金時人参3キロ分

お申し込みは
1)お名前 2)〒/ご住所:過去にご参加いただいている場合は省略可 3)お申し込み口数
を明記の上
info@villagetrust-tsukudafarm.com
までメールにてお申し込みください。

玉ねぎオーナー募集詳細

玉ねぎは、秋に定植して次の年の初夏に収穫を迎える野菜です。
つくだ農園では毎年約2トンの玉ねぎを収穫するのですが、秋にはもう売り切れてしまう人気の野菜です。
今年の玉ねぎは玉太りも良く、甘みもしっかり乗っていてとても良い出来でした。
来年はどんな玉ねぎになるでしょうか。

オーナーさんとは、定植作業から一緒にはじめたいと思います。
毎年寒くなり始める時期の定植ですので、ちょっと大変なのですが、
これをしないことにはタマネギの収穫は望めません。
そして、来年夏の収穫を一緒に楽しみに待ちたいと思います。
定植の大変さ、収穫の喜びをかんじられる玉ねぎオーナーです。
ぜひ一緒に玉ねぎを育てましょう。

第1回作業日 玉ねぎ苗の定植 11月23日(日)24日(月・祝)午後1時から約2時間程度
いずれかの日程もしくは両日参加も大歓迎です!ちょうど紅葉の見頃の頃。帰りは三千院を観光してもいいかも知れませんね。

場所 つくだの棚田
*詳細は追ってご連絡いたします

参加費 1口3000円/玉ねぎ10キロ分
*通常の販売価格よりお得な値段です!

お申し込みは
1)お名前 2)〒/ご住所:過去にご参加いただいている場合は省略可 3)お申し込み口数
4)第1回作業へのご参加 可否と参加いただける場合の参加日程
を明記の上、
info@villagetrust-tsukudafarm.com
までメールにてお申し込みください。

沢山のお申し込みをお待ちしております!!

子育て日記2014年10月05日

生まれました

IMG_2680.jpg
ちょうど前回の投稿から1ヶ月。

9月16日の午後7時すぎ、我が家に第2子が誕生しました。
女の子、名前は「そよ」といいます。

9月の秋分の日が予定日だったのですが、1週間早い出産となりました。
この頃はもう本当にお腹が重くて、むくみがすごくて、
正直畑仕事もしんどくて、
毎日、「早く生まれないかなあ・・・」と考えていたなあ。

IMG_2651.jpg
ちょうど14日にはご近所の地域のお宮さんでお祭りがあって、
お産までの最後の楽しみにとネリと育休中スタッフのみっこさんとその子ども達と行ってきた次の次の日の出産で、ほんとうは、その次の日の15日の手作り市にもネリと行きたかったのだけれど、
(祝日の月曜日でしたので)お祭りで疲れすぎて行けず、畑でオクラの収穫と人参の中耕をしたという次の日でした。

・・・結構予定通りで自分でもびっくり。
ネリなんて、15日には「明日生まれるでー」と見事に予想を的中させていました。

午前7時頃から定期的な陣痛が始まって、病院に10時頃行くことを電話し、
まずはネリを保育園に預けにいきました。
今から入院です、と保育園の先生に告げると、
「ええ?!お母さん今陣痛中ですか?!」とびっくりされました。
そうですよ。(私が運転してネリを保育園に連れて行っていたからね。案外出来るもんですね。)

それから、つくだの棚田に行って雄人さんと運転を代わってもらい病院へ。
時間通り10時に入院して、途中夕方にネリを保育園にお迎えにいって(さすがにこれは雄人さんがね)、ネリと雄人さんと3人で赤ちゃんを迎えました。

ネリは私の陣痛が強くなってくるとだんだん涙目に。
それでもがんばって最後まで見届けてくれました。

大きくなっても覚えていてくれるといいなあ。

その後、多めに出血してしまった私は2日間完全看護で寝たきりに。
赤ちゃんともほとんど会えず、おまけに細菌性の結膜炎になってしまって隔離状態・・・
と、ちょっと大変な入院生活を過しましたが、無事大原に帰ってくることができました。

その間、ネリは毎日きちんと保育園に行って、お父さんと寝て、ご飯も食べてとすごい成長ぶり。
(この時まで雄人さんといっしょには寝たことありませんでした)

病院から退院しても、そよをたいそうかわいがって、ほんとうにすっかりとお姉ちゃんになりました。
赤ちゃんの存在ってすごい。
あんなに甘えん坊だったネリを一夜にしてお姉ちゃんにしてしまったのです。

床上げまでの3週間、出来る限りゆっくりと横になりながら過すことができて、
これからはそろそろ動いて行こうかなというところです。

この3週間、毎日毎晩おいしいご飯を作ってくれた雄人さんには本当に感謝。
いやあ、腕を上げましたね雄人さん。ほんま、美味しかったです。

特に、入院中結膜炎で隔離されていたときに、もちろんそよちゃんにも会えず、
ご家族の面会もご遠慮ください、と言われた日(涙)、
酢ずいきとナスと鶏とズイキの炊き合わせを差し入れてくれたのですが、
これは本当に今までで一番染みた味でした。美味しかった。

忘れたら罰が当たるなあと、公開しときます。

さて、やりたいこと全部棚上げ中です。
これから忙しくなりそう。
まずは、家づくり。

・・・え!

そのお話はまた次回。

IMG_2818.jpg

過去ログ

2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年