野菜あれこれ2015年01月22日

冬野菜、にて

IMG_3732.jpg 野菜の話。 げんざい育休中の畑に出てない私にとっては、 旦那さんが持って帰ってくる野菜を見つめるしかないわけです。 しかも、自宅建設予定地の更地の中にポツンと立つ作業小屋に野菜があるわけで、 野菜は旦那さんが持って帰ってくるのを待つばかりの存在。 根菜、おいしいよねー、もっと食べたいわー、と歩いて10歩ばかしの作業小屋に行けた頃が懐かしい。 さて、昨日はそんな冬の根菜を使ってスープにしました。 お肉は、大好きなエルコープのエルポーク(ややこしい?)で。 エルコープのエルポークは、塊でやってきます。 先週はバラ肉ブロックでしたので、ベーコン仕込んでみました。 簡単簡単。 私の大好きなこちらの本を参考にして、 IMG_3737.jpg 中はオール白黒、渋い本でございます。 塩とハーブとハチミツで適当に味をつけて、冷蔵庫で1週間寝かせます。 最初は重石もするんですよ。肉の漬物だ。 それをひたひたの水に入れ、土鍋で15分ゆるゆる加熱冷めるまで放置、完成。 そんな温ベーコン(勝手に名付け)を使ってみました。 金時人参、西洋人参、黒大根、小エビ芋! 皮は小エビ芋以外剥いていません。写真の金時、ひげ根ついてるしバレバレ。 (皮、土が落ちないとか緑化してるとか理由がない限り基本剥きません、私。ズボラ?) 温ベーコン作った時のスープをベース出汁にして煮込みます。 味付けは塩のみ。 いやはや、本当に美味しかったです。 透明のスープって、なんか個人的に憧れがあるのですが、 黒大根も人参たちも煮込んでも色が出ないのでぴったりでした。 それから小エビ芋。煮込んでもキリッとした外見を残しますが、 食感はものすごいクリーミーです。煮崩れのなさがすごいです。 冬の根菜煮るに限る、を再確認した夜でした。 IMG_3723.jpg おにはーふく!という謎の掛け声とともに、ネリさん登場。 IMG_3724.jpg こちらは目下、寝返り練習中。 IMG_3641.jpg こちら、「おかあちゃん」だそうで,,, IMG_3665.jpg
雑記2015年01月21日

九州番外編 熊本

先日おばあちゃんのお葬式で宮崎県高千穂町に帰省したことを書きましたが、
おばあちゃんのなくなったことはとても悲しかったのですが、
久しぶりに従兄弟達と会い、その子どもたちが一緒に遊ぶ姿を見ると、
とても嬉しくって、なんだかあったたかーい気持ちになりました。

ネリは、同級生の又従姉妹がいて、前回会ったときは勢いに押されて泣き通しだったのが、
今回は一緒に遊べるようになっていて感動。
お医者さんゴッコや車ゴッコして遊べたし、温泉(高千穂温泉!)でも楽しく過ごせました。
それに、憧れの小学生のお姉ちゃんたちに遊んでもらえて、本当に大満足そうでした。
みんな兄弟がいるから、下の子にも優しくて、一緒に遊んでくれるので感謝〜。

IMG_3520.JPG
IMG_3536.JPG
そよは今んとこ、又従姉妹15名の中で一番赤ちゃんだったので、
みんなに可愛がってもらえましたよ。
高校生から生後4ヶ月までの年齢幅!

IMG_3558.jpg
さて、高千穂という場所、宮崎県ですが熊本寄りに位置するため、
飛行機で行っても新幹線で行っても最寄りは熊本なのです。

私たちも幼い頃から九州行くときはまず熊本へというイメージで、
ラーメンや馬刺しやら、阿蘇なんかは高千穂帰省とセットなんです。

IMG_3623.jpg
後ろに見えますは熊本城!

そういうわけで今回も熊本へ。
贅沢にも?熊本の白水温泉の旅館に1泊してから京都に帰ってきました。

というのも、高千穂は想像以上に寒い!のです。
標高が高いので雪も降れば氷も貼るという、そんな土地柄です。
寒くて凝り固まった体を、温泉で緩めてから帰ろうではないかとなったわけです。

それにもう、疲労困憊でみんな疲れ切っていて、
なんか癒しがないとこのまま新幹線に乗って雪深い京都へ帰るなんて、
想像もできへん!という精神状態(特に私ね、だって洗濯物が思うようにできなくてもう限界!だったのですわほんまにもう,,,それにみんなも疲れてるからひどいこと言ったりね、太ってるとかなんとか。ブチ切れましたわ移動中の車内で。あとで聞いたら、太ってるとは言ってない、ただ、大きいサイズの専門店があったからそこがちょうどいいのでは?と言っただけとのこと、言ってるやん、これってデブって!!!)でしたのでね。

ゆっくりしよか、となったわけです。

ネリは初めての温泉旅館泊で、なんかウキウキ。
フロントでトランプとか借りて、これまた初めての神経衰弱!

IMG_3585.JPG
IMG_3587.JPG
IMG_3591.jpg
いつまでやるん?↑温泉入った人

白熱!
でもこの時点でネリはまだ温泉入ってませんし。

なんとか神経衰弱を終わらせて、風呂へと向かったのでした。

旅館は省エネ、エコで地球環境に貢献中とかいって、なんか微妙な雰囲気でしたが、
源泉掛け流し100%のお湯は、確かに私たちを癒してくれました。

和やかな雰囲気で夜の会食を終え、無事1日を終えることができたのです。

おばあちゃんの事は悲しかったけど、
今回の旅、楽しかったな。

従兄弟とたちに旦那さんを紹介できたし(ほとんどの人が初対面でした)。
みんなの子どもたちにも会えたし、
よかった。

今度はいつ行けるかな。
また、家族揃っていきたいな、と思った旅でした。

未だに、今回の旅の思い出話で盛り上がるほど笑いがたくさんあった旅でした。
(みんな思ったことはっきり言うから、ほんとそうとう面白んです母の一族は)

おばあちゃん、ほんまにありがとう。

イベント・お知らせ2015年01月16日

明日のパタゴニアマルシェについて

明日、出店を予定していました
パタゴニア京都での店頭販売ですが、都合によりお休みをさせていただくことにいたしました。

ご予定下さっていた皆様には大変申し訳ありません。
つくだ農園以外の生産者さんは出店なされますので、よければぜひお越しください。

イベント・お知らせ2015年01月14日

パタゴニア京都でマーケットに出店します

IMG_1154.JPG
去年の様子。こんなに野菜はでませんが,,,

今週末、パタゴニア京都店前にて、出店します。
京都だけでなく大阪などからも農家さんや生産者さんが集まるようです。
小規模ですが、志高い生産者が集まるようです。
私も、どんな人に出会えるのかワクワクです。

つくだ農園からは、旬の根野菜のほかに、今年初の人参ジャム、とっておきのブルーベリージャム、焼き菓子はビスコッティを持っていく予定です。

阪神大震災から20年の日でもあります。

今も続く世界の混乱や悲しい事件、自然災害にいつ当事者となるかわからない時代ですが、人とのつながりを大切に、助けを求め、また求められる存在になるには、農家として考えていきたいと思います。

お近くにお越しの際は是非お立ち寄りください。

2015年1月17日(土)10時から5時
パタゴニア京都店前にて
http://www.patagonia.com/jp/patagonia.go?assetid=79133

有機農業について2015年01月14日

有機農業で独立したいあなたへ

つくだ農園で農業研修をしませんか。
有機無農薬で農業を営む技術を、実際の圃場での農作業を通じて学ぶことができます。

農業には、様々な技術が必要となります。
野菜の育て方だけではなく、圃場の選び方から機械のメンテナンスまでその幅は広がります。
また、収穫した野菜を出荷するための包装のノウハウも大変重要です。
さらに、最も大切でかつ難しい有機農業ならではの技術があります。

つくだ農園は家族経営の小規模農家ですが、生産から配達、出荷、さらには加工までを自分たちで行っています。これから有機農業を始めたいと考えるあなたにとっては、様々な角度から農業を学ぶ良い場所であると思います。とくに、個人や家族で農業で生計を立てていきたいと考えている方は、私たちのような規模の農家で研修されると、独立後の自分たちの生活を見据えた実践的な学びになると思います。

農業は、自然の中で営む大変厳しい仕事ですが、野菜に向き合い、収穫を得る大きな喜びのある仕事です。また、自分たちが作った野菜を自分たちで食べることができる、豊かな仕事でもあります。

有機農業で独立したいとお考えのあなた。つくだ農園では座学の勉強こそありませんが、日々学び多き実践の場を提供することができます。ぜひ私たちと一緒に有機農業をしませんか。

多数の研修生を受け入れることはできないため、面接にて受け入れの選定をさせていただきます。面接は随時受け付けていますので、メールにてご連絡をくださいますようお願いいたします。

研修の日程などの詳細は、面接時にお話しいたします。
なお、農業研修には基本的には費用はかかりません。また、こちらから労働代金をお支払いすることもありません。ただし、農繁期に単純労働をしていただいた際にアルバイト代をお支払いすることなどはあります。詳しく知りたい場合は、面接時にご質問ください。

有機農業研修の面接お申込みは、
info@villagetrust-tsukudafarm.com

までご連絡ください。

1 / 212

過去ログ

2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年